スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文検索って意外に不便?

このニュースを見て思ったのだけど。

【 2010年11月2日 研究論文横断検索プログラム提供開始 】@サイエンスポータル編集ニュース
>最新の研究論文と価値の高い過去の論文を外部ウェブサイトから横断的に検索できるプログラムの提供を科学技術振興機構が始めた。個人や学協会のウェブサイトに検索窓をつくれば、同機構が公開している論文情報を一度にまとめて検索、表示できる。国立情報学研究所や国立国会図書館などの電子ジャーナル・科学技術情報サイトが提供しているプログラム機能と併用することで、さらに広範囲の横断検索も可能になる。

もとの記事はこちら。

最大級の国内電子ジャーナルを自在に利用できるプログラム(API)を提供開始@JST
>JST(理事長 北澤 宏一)は、平成22年10月28日(木)より、電子ジャーナルサイト「J-STAGE注1)」と「Journal@rchive注2)」に掲載されている論文情報を外部ウェブサイトなどから横断的に検索できるプログラムWeb API(Application Program Interface)の提供を開始しました。
国内で刊行された最新の研究論文を全文公開する「J-STAGE」と学術的価値の高い過去の論文を掲載している「Journal@rchive」には、両者あわせて約160万件の論文記事が登載されています。
Web APIは「J-STAGE」、「Journal@rchive」で提供している検索サービスを外部のプログラムから利用するための窓口ともいえるもので、両者で公開されている論文情報を一度にまとめて検索し、検索結果を機械処理のしやすいメタデータ(論文のタイトル・著者名・誌名・巻・号などの情報。XML形式)で利用者へ提供します。


APIの提供を発表したようですね。
いままでは、いちいち複数の検索サービスで探していたのが
ひとつのサービスでできる可能性が出たわけで、
そのサービスそのものができたわけではないのだろうか?

誰かサービスを作ってください、ということでしょうか?
>所定の利用規約に従えば申請不要で、無料で利用できます(営利目的などで利用する場合には所定の申請手続きが必要です)。

Googleにつくってもらっちゃダメですか?

Google Scholar

こう言うのもあるわけで、自前でやることはないと思いますが、
こんなサイトもあるくらいだから、みんな苦労しているんだろうなあ。

[ブラウザからの論文検索]
>ログインをせずとも検索ができる論文データベースの設定、カスタマイズの紹介です。
学術論文の検索が主ですが、書籍、教材、レポートを検索できるものもあります。


だからといって、先行論文調べて、コピペして書いちゃダメですよ。
コピペもわかるサービスが出来てますからね。

コピペ論文見逃さない 頭痛める指導教員@asahi.com
>インターネット上の情報を検索し、コピーして自分の文章に張り付ける「コピペ(コピー&ペースト)」。近年、学生が大学に提出する論文やリポートにこのコピペ部分が増え、指導する教員たちが頭を痛めている。見破るための判定システムやソフト開発も相次ぎ、すべての学生のリポートをふるいにかける大学も出始めた。

結局自分の首を締めるんですけどね。
考える力と検索する力は別ですから。
どちらも必要な能力ですが、変な組み合わせをしてはいけません。

日本だけではなく世界的な問題になっているようです。

スイスの大学で蔓延するコピペ論文、非倫理性が焦点に@サーチナ
>インターネットの普及により、ほかの人が書いたものをそのままコピーして自分の論文に使う風潮がスイスやフランスなどの大学で蔓延(まんえん)している。


学生ならまだしも、研究者がやるのは倫理的に許せない、というような意見が書いてあります。

捏造ですからね。自殺行為です。

論文が世界中に溢れかえっていることもあるでしょうけど、
自分だけの論文(そんなものないのだろうけど)を書く事が難しくなっているような気もします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。