スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いけど怖くなる:【読んだ本】世界が大切にするニッポン工場力

日本にはまだまだ凄い中小企業がありまっっせ、という話だと思って読んだのだけど、
そういう話で終わらせられないなあ、というのが読後感。

この本は、雑誌『DIME』の連載に加筆・修正し、取材相手にゲラを見せずに単行本化したもの。

取材相手にゲラを見せないことが功を奏したのかどうかは、読んでみていただきたいが、
「技術には物語がある」という帯の言葉通り、一つ一つの話に、
実に浪花節だったり、お涙頂戴だったりする部分もある。

でも、必ず「人生に物語」があるように、ここで描かれている「技術には物語」がある。
なぜならば、ここにあるのは、単なる技術の話ではなく、
ベンチャー技術者や経営者が、その技術をどう金にしたかの話だからだ。

しかも、その相手は多くの場合海外から認められたことで花開く。
そこが、なんとも引っかかるものがあるのだなあ。

この国は、こうした技術者や技術力ある会社を本当の意味で育んでないのではないかと。



紹介されている企業と要点は目次の通り。

目次(ディスカヴァー21社の紹介ページから)

1 岡野工業
「痛くない注射針」まるで蚊に刺されたかのような注射針は0・2mm!驚異の技術を実現したのは下町の町工場だ。

2 小林研業
「iPodの鏡面加工」ステンレス加工の町・新潟県燕市にある。たった5人の磨き屋のプロフェッショナルたち。

3 ハードロック工業
「緩み止めナット」鉄道や橋梁、大型建造物など、過酷な環境にも耐える、創意工夫に満ちたシンプルで堅実な装置。

4 三鷹光器
「精密光学機器」宇宙探索の観測器から脳外科医療機器まで。高度な正確さを求める声に、着実に応える開発力。

5 ミクロン
「キーンと音のしない歯石除去器」世界の歯科医が認める高性能は、治療を受ける患者にもやさしいオンリーワン技術。

6 菊地保寿堂
「伝統技術和銑(わずく)の新作鋳物」400年の暖簾(のれん)を守りつつも、技を磨き、時代に合わせた、新たな意匠の誕生!

7 モルテン
「競技用ボール」熾烈なシェア競争が繰り広げられる業界で、世界を見すえ、世界に認められるブランドを確立!

8 日プラ
「水族館の巨大アクリルパネル」ジンベイザメがゆうゆうと泳ぐ!見る者に感動をあたえる水槽の魔法を実現。

9 アビー
「味の落ちない冷凍技術」冷凍食品は不美味(まず)いもの。そんな常識さえ解凍してしまう、革新的フリーザー。

10 マサキ・エンヴェック
「屋上菜園の特殊土壌」ビルの屋上に緑を!収穫を!環境改善への想いが育てた、小さなベンチャー企業。

11 ストロベリーコーポレーション
「携帯用ヒンジ」ケータイの進化を支えてきたのは、社内ベンチャーから生まれた野心家集団だった。

12 テムザック
「実用ロボット」人のために働くロボットを作る!九州の小さなメーカーは、明日の新産業を創造する。

素晴らしい技を生かした企業ばかりだし、ここに描かれている技術は
これからの世界の未来を買えるのではないかと思わせるものがある。

それだけに、本当にこれからも日本にとどまっていてくれるのだろうか、この人達はと
心配になるような現状が日本国内にあることが憂えて仕方がない。

これからもこういう企業はきっと出てくるだろうと思う。
日本人はその力を持っていると思う。
でも、日本はその力を生かせるのだろうか?
そこが心配。

でも、きっと地方が、日本(霞が関と永田町)から独立して独自の行政をすれば、
地方にこそ、技術の芽を生かした企業群が生まれるような気もする。

税制とか資本支援とかを変えても、ベンチャーは国では面倒見られないと思う。
距離が遠すぎる。日本というサイズとベンチャーではなく、地域とか個人との距離。
そこをうまく考えないと、結局、霞が関では潰してしまうのが落ちだ。
それは、霞が関が巨大すぎて、小回りがきかないとか、見えないものが多いということなのだ。

よく見ると、この本のタイトルは「日本が大切にする」ではなく「世界が大切にする」なのだ。
このあたりに、すでに編集者と筆者の「毒」が盛られていたのかもしれない。

そして私は、その毒に当てられたのかもしれない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。