スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわせて読んで考える:本を書く意味

他人のブログを読む楽しみの一つは、そこにある考えに膝を打つことと、
さらに自分を刺激して考えを深めることなのではないかと思うのですが、
つい、膝を打つところで止まってしまいがちですよね。

自分に言い聞かせるために、二つのブログ記事を併置しておこうと思います。

本を書く意味@Masahiro Kaminaga's Weblog
>一冊の本を書くことの意味は何なのだろう。

神永先生が遠くインドの地で考えておられる。
そして、オランダから日本に帰ってきた酒井さんが、こんなことを書いている。

本を書き、出版するということ@NED-WLT
>我々は、ともすれば忙しい毎日の中で、「自分自身であること」をやめてしまいます。まさに「自分である」、「自分になる」というのが、本を書くという行為なのです。


本を書いたことがない私ですが、いずれ本を書いてみたいとは思っています。
でも、そこにあらわれるのは「自分」らしい。

となると、さらに自分を深彫りしていかないとイケないのだなあ、などと感じたのでした。
いや、それだけではないのだけど。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。