スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最先端研究はシンポジウムに別予算がつくらしい

研究支援を支援するんだから、なんと「優しい」ことでしょう。

【 2010年6月15日 最先端研究開発支援プログラム支援のシンポジウム実施機関公募 】@サイエンスポータル編集ニュース
>30のテーマ・代表研究者に総額1,000億円が支給される最先端研究開発支援プログラムを後押しするため、内閣府はシンポジウムの開催に3億円を投じることを決めた。14日シンポジウム実施者の公募を開始した。

研究費以外に、シンポジウムの開催も支援してくれるらしい。

「最先端研究開発支援プログラムの公開活動」の実施機関の公募について@内閣府
> 「最先端研究開発支援プログラムの公開活動」の実施機関の公募を以下のとおり行いますのでお知らせいたします。
詳細は、公募要領をご覧ください。


○対象

   最先端研究開発支援プログラムの研究支援担当機関を想定していますが、
  それ以外の機関からの応募であっても幅広く受け付けます。

○ 公募期間

   平成22年6月14日(月)10時~平成22年7月12日(月)15時(必着)   



どこでもいいそうですから、申し込んでみてはいかがでしょうか?

公募要項(PDF)

>○ 主に研究者を対象とした国際的なシンポジウム(以下「国際シンポジウム」という。)
 ○ 主に一般国民を対象としたシンポジウム(以下「一般シンポジウム」という。)


国際シンポジウムは「シンポジウム1回あたりの配分額は1,500 万円~5,000 万円程度」、
一般シンポジウムは「シンポジウム1回あたりの配分額は1,000 万円程度」
と差があるのがなんとなく気に入らないのだけどね。

どうせならば、一般国民向けの国際シンポジウムをバーンと開いて欲しいものです。

ただ、よくわからないのが、
>○ 実施計画(一般)は、異なる地域において複数回実施するものを基本とし、
複数回の実施を通してプログラムの30 の研究課題全てを対象に含めるものと
します。開催回数が1回のものでも差し支えありませんが、その場合において
もプログラムの30 の研究課題全てを対象に含めるものでなければなりません。


という項目で、どこかの研究プログラムだけのものではなく、
全部を紹介するシンポジウムでなければいけないのか?

サイエンスポータルはきちんとその点に触れている。
>シンポジウムは、研究者向けの国際シンポジウムと一般向けのシンポジウムに分かれている。課題ごとに行う専門的な国際シンポジウムに対して、一般向けのシンポジウムは30課題すべてを一つの実施機関が行うことを想定している。

それえ1000万円程度は無理なんじゃないの?
よく分からない配分だなあ。

全部で3億なんでしょう。30×1000万円で3億になりますけど、そうじゃないんですかね。
どこが仕切るのかが楽しみです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。