スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカのW杯で日本が勝った話

2010年のサッカーワールドカップは南アフリカ開催だと、
ブログに記録しておくだけのエントリです。

正直、カメルーンに勝ったのは嬉しい。
確かに、つまらない試合だったし、カメルーンの出来が悪かったことが、
日本の勝利につながったと言えるだろう。

それでも、勝ちは勝ちで、勝ち方など書いてないし、勝ち方で勝ち点が減るわけでもない。
勝ち点3、得点1、失点0 それだけだ。

岡田采配がハマったと言える。
コンディションが悪い中村俊輔、今野、内田をしっかり外し、
本田のワントップという、これまでの練習はなんだったんだという戦術を選んだ。

そして、二列目に調子の良い大久保、松井を入れて、走り回らせた。
キャプテンマークを長谷部に任せて、中澤や阿部に守備に専念させた。

交代枠も、岡崎、矢野、稲本を松井、大久保、長谷部と替えた。
疲れている選手を交代し、後から入れた選手には役割を徹底させた。
監督の采配が明確だった。

ドイツの時のジーコ采配とはずいぶん違う。
方向性が明確な布陣、采配だったと言える。

それでも、岡田監督を褒める論調は少ない。
本田が良くやったというものばかり。
でも、それでいいのではないか。

監督は負けたときには攻められ、勝った時には選手が褒められる。
スポーツの試合とはそういうものなのだろう。

アフリカで開催されるW杯でアフリカの国に勝ったことは、
今後の勢いが違う。
それでもオランダに勝つのは容易ではないし、カメルーン戦の内容ではとてもじゃないけど覚束無い。
デンマークが、次のカメルーン戦で負けるとは思えないが、
もし引き分けに終われば、最終戦は必死になって勝ちにくるだろう。
その時どういう試合ができるかが、日本代表に課せられている課題のように思う。

オランダと引き分けるとも思えないから、いっそ日本代表はデンマーク戦に向けて体力を温存してはどうか。
森本のワントップで、俊輔と憲剛を二列目に、イエローを貰った阿部の代わりに稲本で、
中澤の代わりに岩政で、というような布陣ではどうかな?

デンマークに勝つために何ができるかを考えてはどうだろう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。