スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山海館は海がメインの宿だった

遅くなったけど、土日行ってきた温泉について書いておきます。

スパリゾートハワイアンズのグループである山海館

往復は東京からバスで行くのはハワイアンズと一緒。
場所が、北茨城市で駅で言うと常磐線の磯原駅。
これが、まさに海のギリギリに立っているため海の中にいるみたいな場所なのだ。
ロビーにも海を切り取ったような風景が広がる。
IMG_0692.jpg

部屋からも海が目の前。
というよりも、海を見ることを前提に部屋が設計されている。
ベランダが無い上に、窓が下見切りである。
窓から海に落ちそうなくらい。
IMG_0697.jpg

夜は海側にライトを照らし、オーシャンビューの欠点を補っている。
まあ、部屋から海ばかり見ているわけにも行かないので、周辺観光へ。

宿についたのがお昼前だったので、レストランで昼食を食べ、
近所にある野口雨情の生家を見に行く。
IMG_0698.jpg

IMG_0700.jpg

明治時代の野口家を残し、記念館は新しく建てたもの。
入場料100円。野口雨情の直筆原稿や離婚してまで守った妻のことなどがわかる。

野口雨情生家のあとは、野口雨情記念館へ。
そちらは入場料300円。

とにかく、野口雨情というのは、聞いたことがある童謡を全て作詞しているのでは
と思うくらいに、あれもこれも彼の作品で、約2000編の詩をつくった。
>代表作は『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『こがね虫』『あの町この町』『雨降りお月さん』『証城寺の狸囃子』など、枚挙にいとまがない。他に『波浮の港』『船頭小唄』など。

北原白秋、西条八十と並んで、童謡界の3大詩人というらしい。

明治から昭和にかけて、童謡、民謡がただの民間伝承とか俗謡とか言われた時代に、
その芸術的価値とか教育的価値を強く説いた人で、講演会もたくさん行っている。
改めて、その偉業に驚いた。

実は、この野口雨情記念館は二階が北茨城市資料館になっていて、
そちらもなかなか面白い。この地域は岡倉天心の別荘があったところで、
画家も輩出しているのだけど、それよりも風船爆弾発祥の地だったのだ。
>風船爆弾は、和紙で作られた気球に水素を詰め、大気高層のジェット気流に乗せてアメリカを攻撃しようとする兵器

この爆弾が発射された海岸が、この近くの勿来ということで、
ここには風船爆弾の模型や資料が沢山ある。
それがなんとも興味深かった。
>材質は楮製の和紙とコンニャク糊[5]で、薄い和紙を5層にコンニャク糊で貼り合わせ、乾燥させた後に、風船の表面に苛性ソーダ液[6]を塗ってコンニャク糊を強化し直径10mほどの和紙製の風船を作成[7]。気球内には水素[8]を充填した。
無誘導の兵器であったが、自動的に高度を維持する装置は必須であった。これにはアネロイド気圧計の原理を応用した高度保持装置が考案された。発射されると気球からは徐々に水素ガスが抜け、気球の高度は低下する。高度が低下すると気圧の変化で「空盒」と呼ばれる部品が縮み電熱線に電流が流される。バラスト嚢[9]を吊している麻紐が焼き切られると、気球は軽くなりふたたび高度を上げた。これを50時間、約二昼夜くり返して落下するしくみであった。


この高度維持装置の実物が展示されている。
後年、工場に勤務していた人が隠し持っていたのを記録を書いた作家が譲り受けたものだと言う。
「風船爆弾」秘話「風船爆弾」秘話

光人社 2007-03
売り上げランキング : 264003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕は風船爆弾の“発明者” 米国が原子爆弾を発明した時に日本の僕は風船爆弾を発明した僕は風船爆弾の“発明者” 米国が原子爆弾を発明した時に日本の僕は風船爆弾を発明した

文芸社 2010-02-01
売り上げランキング : 522057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ひとしきり見たあとは、また宿まで歩いて帰って、部屋に戻りしばらく海を見ていた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。