スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「志の輔らくご、あっぱれPLUS」に行って来ました

昨日4月26日(月)成城ホールに「志の輔らくご あっぱれPLUS」を見に行ってきました。

いまチケットの取れない落語家の一人、パルコを一ヶ月満杯にする男・立川志の輔をメインに、
その前に、寒空はだか(スタンダップコミック)、キン・シオタニ(ドローイングシアター)、山本光洋(パントマイム)、中村まり子(ひとり芝居)の四人が登場。

それが、PLUSのプラスたる所以。

私は、中村まり子さんの伝手でチケットを買わせていただきました。
もう、伝手でも無いと手に入らないプラチナでしょうなあ。

お世話になっているオフィスフロッグスさんご夫妻と、私の妻と4人で行って来ました。

成城学園前は久しぶりに降りたんですが、
線路が地下になって、駅ビルが大きくなっているのに驚きました。
いつから来てないんだろう。
昔は良く来てたんですがね。でも、20世紀のことのような気がします。

成城ホールは区立ホールで立派なもんです。
企画もいろいろあるし、いいですね世田谷区民は。

浅草の東洋館という演芸ホールに昼間出てから来たというつかみで笑わせる
寒空はだかさんは、流石にどんな舞台でも笑わせる腕が有りますね。
旬の話題を茶化しながら進む漫談に自作の歌を交えつつ、
上海万博のパロディは笑いました。内容は書けないけど。
こういう毒のあるテレビでは出来ないネタがいいですね舞台は。

自分で紙に書いた文字や絵をプロジェクターで映しながら、一言も言葉を発しない
キン・シオタニさんは、なんだかよくわかんないけど面白かった。
文字が絵に変わっていくテクニックを持ちながら、
殆どがセリフ代わりに紙に手書きして進行するというのがユニークといえばユニーク。

パントマイムで一人の男性の生涯を記念写真という切り口で見せた
山本光洋さんの技術は素晴らしかったのですが、
技術の見せ方としてもう少しわかりやすいパントマイムが見たかったかな。

そして、もう何度目かわかりませんが、何度見ても泣いてしまう
永六輔作「もしもし母さん」を見せてくれた中村まり子さん。
舞台中央のテーブルに黒電話一台。
音効で時代を表現し、20代から50代までの主人公の人生を役者は声ひとつで表現する。
皇太子ご成婚からウィアーザワールドまでの約30年。
電話を通して主人公が母に語る言葉。
そして、最後に、電話を置き、天に召された母に語る言葉。
実にうまい脚本は、流石に永六輔です。
そして、何回見ても泣かされる中村まり子さんは素晴らしい。

さて、休憩のあとは志の輔。
演目は「ねずみ」。

口跡の良いガラガラ声で、爆笑の枕から、
登場人物ひとりひとりに実にしっかりと説得力を与えて行くしゃべり。
ためしてガッテンだけじゃありません。
腹の座った落語を見せていただきました。

昨日、同じ中村まり子さんからチケットを買った女優さんが感想を書いてました。

名人芸。@香坂千晶の「踊るしゃちほこ」
>あたしが大尊敬してやまない中村まり子さんが、立川志の輔さんの落語の会「志の輔らくご あっぱれPLUS」にゲスト出演して1人芝居をされるっつーので、喜び勇んで成城ホールへ。

先日ご一緒させて頂いた文学座の川辺先生、そして原知佐子ママと成城学園前駅で待ち合わせ。


この先日ご一緒というのは、この芝居のことですね。

【観劇】パニックシアター「ハムレットの舞台裏」を見てきました

この芝居で香坂さんはリズを演じていました。
そして、共演された原知佐子さんは、実は私のとなりの席でした。
緊張しました。別に話しかけたりはしませんが、
その向こうにいらっしゃる川辺さんとも目が合ったりして、びっくりしてしまいましたよ。
こういうのが苦手な私なのです。

香坂さんがこう書いているのは、納得ですね。

>失礼な言い方になっちゃうかもしれないんだけど、あのだみ声がね、いいのよ~。すんごい好き~!
あぁ、観られて良かった~!


癖になるダミ声というか、けして通るようには思えないのに
しっかりとセリフが聞き取りやすいんですね。
マイクを使っていることも有りますが、それだけではない、声の使い方が違うのでしょう。

会場が10時までと言うことで、7時30分開演ではちょっと尻切れトンボになってしまい、
最後はお客さんを追い出すような感じになったのを舞台上で惜しんでいた志の輔師匠でした。

それにしても、志の輔はやっぱりいいなあ。
見に行ってよかった。
チケットを早くからお願いしておいてよかったと思ったのでした。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。