スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田麻理香の告白本:【読んだ本】科学との正しい付き合い方

このところ何かと話題のディスカヴァー社が、
創立25周年を迎えたこの春、満を持して創刊するサイエンスシリーズ
top.jpg

その第一弾の3冊のうちの1冊が、この「科学との正しい付き合い方」。

科学との正しい付き合い方科学との正しい付き合い方

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-04-15
売り上げランキング : 5211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4月15日発売に先立ってご恵贈いただいたので、早速ご紹介。

著者の内田麻理香さんは、カソウケンさんとして主婦の生活と科学の関係を説いてきた
サイエンスコミュニケーター・サイエンスライターなのだけど、これまでのカソウケン本や
「世界一受けたい授業」や「すイエんサー」でのツンデレぶりを見てきた
「ウチダマリカ」好き読者には、この本は衝撃の本だと言える。

ディスカバー社の解説では
>「私はもともと科学アレルギー」「科学なんか、別に知らなくていい」よく聞くこんな話。それって、ほんとうだろうか?そもそも、そう思い込んでいるだけ?その結果、自分の視野が狭くなっているとしたら?
ーーあたりまえを疑うことから、科学との付き合いははじまる。身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることだろう。文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた著者が、科学技術とのゆるいかかわり方、楽しみ方について語る。文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版。


と、文系のための科学本と銘打っている。
著者からは、もう少し踏み込んで、一端を匂わせている。

>著者よりコメント
小さい時から科学好きで、理系のつもりだった私ですが、これまで最も「科学のすごさ」を感じたのは、学校でも研究室でもありません。
晴れない気分で過ごす毎日から抜け出せないか……そんなことを考えていたとき、ふと身近にある科学の存在に気づいたのです。
私たちの生活は、科学のキーワードでつながっている。それがわかってからは、日々「科学の種」を見つけることが楽しくなりました。
科学が私に新しいモノサシを与え、視点を変えてくれたのです。
専門家でなくても、科学の楽しみ方はある。少し変わった科学の見方かもしれません。
でも、本書がひとつの「科学のお作法」として、みなさんに届くことを願っています。


ここでは柔らかく書かれているが、
それは「はじめに」で開陳される衝撃の告白にある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次(アマゾンの紹介ページより)
はじめに――科学の物語性
科学が私を助けてくれた
科学は私たちに、新しい視点をくれるもの

初級編 科学によくある3つの「誤解」

誤解1:「『科学離れ』が進んでいる」ってホント?
誤解2:もともと『科学アレルギー』の人は多いってホント?
科学ギライにさせるブレーキペダルがある?
人は生まれながらにして科学好き?
誤解3:「科学技術は、身近ではない」ってホント?
電線の存在に気づいていますか?
科学が見えなくなっている

☆コラム☆ あなたの回りにある科学
・ カソウケン「家庭科学総合研究所」という架空の研究所
・ 美容と科学

中級編 科学リテラシーは「疑う心」から

科学リテラシーとは?
知識よりも、思考が重要
疑う心は科学の大前提
なぜ、「疑う」ことが必要なの?
科学的な物の考え方とは?
1 答えが出ないことはペンディングする
2 「わからない」と潔く認める
3 人に聞くのを恥ずかしいと思わない
4 失敗から学ぶ
疑う心を阻害するもの
「科学教」を狂信する?
悩ましい疑似科学

☆コラム☆ 愛と恋と科学と
・ チョコレートと恋を科学してみると
・ どうぶつたちの婚姻の科学

上級編 科学と付き合うための3つの視点

視点1 社会の中に科学技術を見る
なぜこれまでのサイエンスコミュニケーションは失敗したのか
視点を変えれば、違うものに見えてくる
視点2 見えない科学技術に目を向ける
―「見える」科学技術と「見えない」科学技術
ギリシャ神話から科学技術を読む?
見えないものが見えるようになる
視点3 理系だけにまかせない
白黒つけられない問題にであったら、どうする?
人は、「おまかせ型」をとりやすい

☆ コラム☆ 私に影響を与えた科学者たち
・ ファインマン
・ 寺田寅彦

あとがきーー科学技術の監視団に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

彼女は、「物語としての科学」が自分を助けてくれたと告白する。
優秀な東大卒の研究者なんかじゃなかった、主婦として家事も完璧なわけでもなかった、
そんな自分が社会を認識し、生活するうえでのモノサシとして力をくれたのが「科学」なのだと。

そう、科学を通して社会を眺めると見え方が変わってくる。
明確な視点を与えてくれる。
なぜならば、科学とは、世界の捉え方であり、物の考え方の枠組みなのだから。

そして、それこそがこの本がディスカヴァーサイエンスの創刊に並んだ理由だった。

「視点を変えて、Cover(覆い)を外す(Dis)と、今まで見えていなかったものが見えてきます。
そこに新しい可能性、そして、新しい明日が生まれます」

というディスカバー社の理念が重なってくるからだ。
そして、ディスカバー社がサイエンスシリーズを創刊したのも、
この会社の理念に即したものだと言うことは、干場社長の挨拶にも書かれている。
つまり、流行りものを追いかけた創刊ではないということで、
長く続けるつもりだからラインアップも慎重になっている。

さて、サイエンスとは現代社会を理解するうえで重要な「物の見方」であり、
その根本は「疑うこと」「自分の頭で考える事」にある。

サイエンスは別の世界ではなく、人間の作り出した体系であり、そこには人間が介在している。
そういうと、科学側も非科学側も怒るのだけど、
たしかに世界を作っている原理の体系が科学ではあるけれど、
その科学を細分化して(科学と言う言葉が、学問を分けている)勝手に体系を作っているのは人間だ。
だから、いまは未だ間違いがあるかもしれないと疑うくらいで丁度いい。

この本は、内田麻理香の考え方がすべて注ぎ込まれているし、
たぶん彼女は、この本を書いたことでひとつのゴールにたどり着いたのだと思う。
その結果、彼女は職を辞して、大学院生活に絞ることにした。
この後内田麻理香はさらに高く飛ぶために膝を曲げる時期になったのだろう。
そして、十分に膝を曲げたあとに、
新たに科学と社会を切り結ぶ試みを示してくれると期待している。

それまでは、この本を何度も読んで、「科学という物語」に対する
自分の考えをまとめておくのがいいのではないかと思う。

科学との正しい付き合い方科学との正しい付き合い方

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-04-15
売り上げランキング : 5211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いま創刊キャンペーンを開催中らしい。

A賞:科学トークイベント「DIS+COVERサイエンスカフェ」ご招待【25組50名様】
(2010年7月31日(土)東京・小社にて開催予定。なお小社までの交通費、宿泊費はご当選者様のご負担となります)

B賞:都内70施設で使える「東京・ミュージアムぐるっとパス2010」【10名様】

C賞:関西67施設で使える「ミュージアムぐるっとパス・関西 2010」【10名様】

D賞:オリジナルグッズ【毎月30名様】

応募方法
DIS+COVERサイエンスシリーズに挟み込まれている「愛読者カード」 でご応募ください(A~C賞は2010年6月
15日(火)締切【当日消印有効】)。
抽選のうえプレゼント(またはご連絡)いたします。ご当選者様の 発表は賞品の発送またはご連絡をもってかえさせていただきます。

なんという地味なキャンペーンなのだろう。
「電子書籍の衝撃」の派手なキャンペーンに比べると、本当に旧来的なキャンペーンである。
それだけに、皆さんチャンスですよ。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

事業仕分け人必読の書:【読んだ本】科学技術は日本を救うのか

ディスカヴァーサイエンスの創刊三冊のうちの001。 つまり、このシリーズの根幹となるともいえるのが、この本。 科学技術は日本を救う...

「科学のとの正しい付き合い方」発売、というわけで本音とか裏話とか

? 科学との正しい付き合い方 posted with amazlet at 10.04.13 内田 麻理香 ディスカヴァー・トゥエンティワン Amazon.co.jp で詳細を見る  15日、新刊が発売になります。  Amazon他ネット書店では、既に予約開始となっておりますが、

SF小説がやりにくい時代のショート・ショート:【読んだ本】予定不調和

ディスカヴァーサイエンスシリーズ創刊3冊のトリを飾るエントリでございます。 予定不調和ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-04-15売り上...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>サイエンスは別の世界ではなく、人間の作り出した体系であり、そこには人間が介在している。

ちょうど先日、大学院の友人たちと、「科学はヒトの営みである」という話をしたところでした。
ヒトが自然や社会と向き合うひとつの手段とも言えるのかもしれません。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。