スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学技術か科学・技術か科学/技術か

この人の興味の向く先は、結構私と似ているのかもしれない。

だから、こんなに気になる記事を書いてくださるのだろうな、と勝手に思っている、
MojixさんのZopeジャンキー日記

きょうもまた、結構マニアな話題に食いついている。

「科学技術」じゃなくて、「科学・技術」にする?@Zopeジャンキー日記
>これは面白い話。「科学技術」という表記を、「科学・技術」にあらためる動きがあるらしい。


元ネタは毎日新聞の元村有希子さんの発信箱

発信箱:「・」をめぐる問題=元村有希子(科学環境部)@毎日.jp
>科学の成果が技術に使われ、生活が便利になる--という発想から、日本では科学と技術を一くくりでとらえてきた。科学技術基本法、科学技術予算などがいい例だ。

 双子のように並び称される両者を「・」で区別しようという主張が科学者の間で強まっている。国の総合科学技術会議では、資料に「科学・技術」の表記を取り入れ始めた。「科学技術と書いた場合、文法的には科学は技術の修飾語扱いで、技術が主役であるような印象を与える。同格の言葉を併記するなら『・』を入れるべきです」と、有識者議員の一人、金沢一郎日本学術会議会長は説明する


元村さんといえば、理系白書ブログなのだけど。
毎日新聞の名を理系の間で高めた記者であり、文系から見た理系の第一人者(?)。

理系がアタリマエだと思っていることに、疑問を呈し、社会と結びつける手法は天下一品だと思います。
この発信箱でも、その手法が発揮されている。

科学技術と一括りにしてきたことを「科学・技術」としたいと言う科学者の声に
>「・」問題の背景には、事業仕分けに象徴される成果主義の風潮に、基礎科学の研究者たちが危機感を感じていることがある。しかし、表記を変えれば風潮が改まるというほど話は単純ではない。

と「ウラ」を感じ取り、「単純ではない」と釘を刺す。
>もとより両者は同列に論じられるものではないという認識が欧米には強いが、急ぎ足で発展した日本は議論を脇に置いてきた。「・」問題がそのきっかけになることを期待しつつ見守っている。

同列に論じられるものではないけど議論を脇においてきた。
これは、政治家や官僚だけではなく「科学者自身も」脇においてきたという意味が強いのではないか。

この「・」をつける表記についてMojixさんは「ちょっと待った」と疑念を訂する。
><表記を変えれば風潮が改まる>どころか、そもそも文意を誤解させてしまい、混乱を招いてしまうデメリットのほうがはるかに大きいかもしれない。

科学・技術という言葉だけならばよいが、その言葉が前後に何かつくと、そこで途切れるというのだ。
「総合科学技術会議」→「総合科学・技術会議」となったらば、総合科学と技術会議みたいだ。

実は、その「・」の力を弱めるためか「/」にしてはどうかという声もあった。

岩波講座  科学/技術と人間 というシリーズである。
>20世紀に科学/技術は驚異的な発展をとげ,日々の暮らしの中で科学/技術が従来の価値観・倫理観を根底から覆すという事態も生まれています.本講座は,自然・人文・社会科学の画期的な協力のもとに,科学/技術と人間の新たな関係を徹底的に探求します.その成果が,真摯に生きることを願う多くの読者に熱心に迎えられることを確信いたします.

Science and Technologyの訳語に「科学/技術」を当てて、
科学と技術を分離し、再考しようという試みだった。

第1巻「問われる科学/技術」はまずそこから考える。
>科学と技術ははたして分けられるものなのか.あるいは「科学技術」と一言で片づけられるものなのか.なぜ「科学/技術」なのか.本巻ではまず,この「科学/技術」がわれわれ人間にいかなる問題を投げかけているかを問い,「科学/技術」の諸分野の原理的展開と変貌の内実を明らかにする.

その後定着はしなかったけど、本が出て10年が経ち、また議論が起こるのは良いことなのだろう。
もともと、andがつくのだから、「・」をつけるべきという声はあるのだけど、
ヨーロッパとアメリカを一緒くたに「欧米」と呼ぶように、
andだからつけないのだという人もいたりして、この辺は統一されていない。

統一されなくても良いけど、議論は続けて欲しい気がする。

このシリーズは10年前だけど、示唆に富んでいるので
科学史とか科学関係の編集の人とかには読んで欲しいですね。

岩波講座 科学・技術と人間〈第1巻〉問われる科学・技術岩波講座 科学・技術と人間〈第1巻〉問われる科学・技術

岩波書店 1999-01
売り上げランキング : 413941

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岩波講座 科学・技術と人間〈第3巻〉現代社会のなかの科学・技術岩波講座 科学・技術と人間〈第3巻〉現代社会のなかの科学・技術
岡田 節人

岩波書店 1999-05
売り上げランキング : 505719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

岩波講座科学/技術と人間 (別巻)岩波講座科学/技術と人間 (別巻)

岩波書店 1999-12
売り上げランキング : 903396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)理系白書 この国を静かに支える人たち (講談社文庫)
毎日新聞社科学環境部

講談社 2006-06-15
売り上げランキング : 91052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「理系」という生き方 理系白書2 (講談社文庫)「理系」という生き方 理系白書2 (講談社文庫)

講談社 2007-12-14
売り上げランキング : 110087

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3 (講談社文庫)迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3 (講談社文庫)

講談社 2009-01-15
売り上げランキング : 75699

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。