スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカヴァー21第1回読者の集いに行ってきました

6日土曜日は、雨の中ディスカヴァー21さんの「第1回読者の集い」に行ってきました。

いやあ、楽しかった。
読者100人余りが集まる出版社の集いというのは、初めて参加しました。
「作家」とか「雑誌」が開く「読者の集い」ならまだしも、
書籍しか出していない出版社の「ファン」が集まるというのは、
聞いたことがないんじゃないでしょうか?

その模様については、すでに干場社長がブログにアップされています。

そもそも何のための仕事なのか? 私たちのいちばんのエネルギーの源「第一回読者の集い」 ●干場
>わたし自身も、定期的に読者のかたと、というより、読者の方同士が交流する場を持つこと(できれば毎日、カフェみたいに)は、ディスカヴァー創業当時からの理想だったので、感無量。

この社長室ブログのファンという方も多いと思う。
当日は、ハッシュタグ(#0306d21)もあって、会場から書き込みも多かったのだけど(私も書いてました)
その中にも、干場社長に会えて嬉しいとか、干場社長の挨拶に感動とか、言う声が多かった。

トゥギャッターでのまとめはこちらこちら(その2)

集いは、ディスカバーの歴史を干場社長が本を見せながら語ることから始まり、
書評ブログの女子勉の勉子さんと読むが価値の鹿田尚樹さんが登場。
お二人の話も面白かったけど、やはり読者代表のmasaさんのお話が良かったかな。

参加者には、それぞれ自分が好きな本を持ってくるようにという参加規定があったのですが、
ここから持ち寄った本がなぜ好きか、どこがいいのかを小グループになって一人ひとり説明する、
というコーナーもあって(6人くらいの小集団になって、そこにディスカバーの社員が一人入る)
そこでも皆語りが熱い!
私は、読み終わったばかりのこちらを持って行き語った。
NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05
売り上げランキング : 756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


偶然、この本を一番にすると言う営業の井筒さんが加わったので、さらに熱くなってしまう。
結局、この会社はみんな本が好きで、本をみんなに読んで欲しいと言う気持ちが熱いのだ。
そして、その熱さに読者が、書き手が、そして書評ブロガーも呼応する。

干場社長がブログで書いているように
>今回は、著者の方や書店員さん、某TV局でいらしてくださった方もあり、「読者+編集者+著者+ブロガー+営業員+書店員+発行人+マスコミ」と、本にかかわるみなが一堂に会し、フラットに同じ立場で直接話す場となったわけだが、営業スタッフが加わるのは、直取引をしているディスカヴァーならではだ。

一般に出版社の営業は、読者からも筆者からも遠い。
書店に自社の本を置いてもらうのが出版社の営業の仕事で、
買ってもらうための努力は書店の仕事だと、言うふうになりがちだ。
同様に、編集も筆者との付き合いに忙殺され、本当に意識しなければならに相手を忘れがちだ。
干場社長はそのことを踏まえて、本当は「読者」を見なければならないはずだと指摘する。
そして、

>究極的には人は、自分が何のために仕事をしているのか? その『何』とつながっていたい。その『何』とは、実際には人であり、人々への貢献だと思う。何らかの形の社会的貢献だと思う。それが最大の報酬だと思う。だから、できれば、直接的な相手からの反応がほしい。

それは私たちにとっては、まさに、読者の方々だ。


と書く。
この一連の文章に、干場社長の出版という仕事への熱い思いが溢れているので、
是非原文を読んでいただきたい。

この読者の集いをどう考えるかなのだけど、
干場社長のブログにコメントを残しているtiaraさんが見事な指摘をされている。

これからの集客イベントは、こうあるべき!@経営革新の女王ティアラ☆挑戦の日々☆
>これこそがBtoCビジネスの新しい形なのだろうな、と思うところが多々ありました。

ツイッターの利用、自社商品への顧客からの言及、顧客ネットワークの作成、という指摘はさすがです。
私も、このイベントは、今後の出版社のあり方への一つの大きな示唆だと思います。

それは、電子書籍という言葉でくくってしまうと見失うものというエントリで
>出版社は、本というメディアが持っている「コミュニティ誘引性」を商売の種にすべきだと私は思う。

と書いたように、本が持っている「コミュニティ」力を利用することができるから。

さらに、干場社長は、私が書くのも恐縮ですけど、このエントリで書いた
>本が意味することは何かを考えられる経営者が、きっと電子書籍をリードするのだろう。

という経営者にまさにぴったりということになるんだなあ。

そのコミュティ力を生かした顧客ネットワーク組織というのが、
ディスカバーブッククラブなのですね。
読書会の前後にこのイベント参加者の優先チケット付きで申し込みを受け付けていました。

読書会の参加費が1回500円の予定なのに、その参加券が4枚ついて1000円という特別割引。
実は、この栄えあるクラブ会員権ナンバー1をゲットしてしまいました!

みなさん、すいません。
ズルしたわけじゃありません。
ちゃんと申込んだので、許してください。

ディスカヴァーさんのツイッター活用は半端じゃないので
いろいろフォローするとオモシロイと思います。

ブッククラブ公式アカウント:@d21bookclub
社長室アカウント:@discover21
干場社長アカウント:@hoshibay
ディスカバーデジタルブックスアカウント:@d21digital
ディスカバーサイエンスアカウント:@D21SCIENCE

ついでに、私は@fujita244です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わー、ご紹介ありがとうございます
若旦那さん、和光市ですか?私も学生時代すんでいました。有楽町線、便利になりましたよね。

これからは、BtoC じゃなくて、 B with C だと思いますよ!

ありがとうございます

コメントありがとうございます。

ちなみに、私は勤め先が和光で、住んでいるのは新宿です(キリッ)
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。