スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚17年目の結婚記念日

忘れないように書いておかないと。

2月24日は我が家の結婚記念日。

15年目はブリしゃぶ16年目はアゼルバイジャン料理でした。

それで、17年目は豚組しゃぶ庵の豚しゃぶです。

そして、今頼むべきは、やはり塩しゃぶだろうと。
中でも、豚にこだわる豚組ですから、豚づくしにしてみました。
とことん豚づくし『塩しゃぶ』コース
豚肉にこだわった豚組ならではのコース。とことん豚肉を楽しむならこちら!
※コースの内容は 銘柄豚の前菜/銘柄豚の冷菜/本日の銘柄豚の煮物/本日の銘柄豚の揚物/豚しゃぶ(お肉とお野菜)/うどん(細麺)/デザート でございます。


なぜ塩しゃぶかというと、私もこのメニューには一言あるからです。

関連エントリ:豚組しゃぶ庵で塩しゃぶ試食会

この時出された、6つの薬味「すだち、ゆず胡椒、バジル、京七味、京山椒、ゆかり」は
定番メニューになっても提供されました。

惜しむらくは、ごま油とか、ラー油(きっと桃ラーが合うと思います)も
試して欲しかったなあ。

今回食べてあらためて思ったのは、豚肉にこだわる豚組だから、
この塩しゃぶが出来るということですね。

豚肉の良し悪しが、ものすごくはっきりわかります。
豚肉の味の違い、脂の甘さ、肉の香りがはっきりわかるんです。

ぶたづくしですので、それまでも豚のおいしい料理を少しづつ味わって、
バスク豚のメンチのあとに、しゃぶしゃぶするわけです。
そして、豚肉の味を活かしたしゃぶしゃぶと言う食べ方には、実は塩が合う。
そう再確認しました。

ありがたいことに、豚組の@hitoshiさんがご挨拶に来てくださいました。
ツイッターを生かした飲食店のあり方は、ここに真髄があるわけですね。
すでに、私の「豚組なう」を拾って、お返事をくださっていました。
さらに、結婚記念日を祝って、グラスシャンパンのサービスとチャーシューまで!
流石です。ありがとうございました。

ひとつだけ豚づくしコースの難点を上げると、
バスク豚のメンチカツのあと、すぐ、しゃぶしゃぶになることでしょうか。
しゃぶしゃぶ前に口直しがあると、塩しゃぶの繊細さがより生きるような気がします。

うまいものを一緒に食べると夫婦仲も一年伸びると言うものです。
記念日に豚組、あると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。