スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の科学イベントの案内が連日ありましたよ

金曜日にミニ・サイエンスアゴラ東京に行ってきたわけですが、
感想及びご報告を書きそびれていました。

すると、今日は、三鷹で東京国際科学フェスティバルの「説明会」があったというではないですか。

第2回東京国際科学フェスティバル参加募集説明会@さかさパンダサイエンスプロダクション
>本日7日(日)は、9月に開催される第2回東京国際科学フェスティバルの
参加募集説明会が、三鷹ネットワーク大学で行われます。
いよいよ明日(←間違い!)2月15日(日)正午より
参加企画募集が始まる科学フェスティバルです。
興味のある方はぜひご参加ください。
インターネット中継もあるそうです。


そう説明会のUSTREAMでの中継もあった(今は終わってます)という先進性。

東京国際科学フェスティバル募集サイト
>募集期間【2010年2月8日(月)~2010年5月31日(月)】 Web登録フォームより受付予定

9月から10月にかけて1ヶ月間開催されるため、いろんなことを募集しないといけないため、
早めに募集に踏み切っているのだろう。
着々と準備されているのは、事務局の力を感じさせる。
地域に根付かせたいという三鷹市を始めとする主催団体の熱意だろう。

函館も今年の夏に向けて会議を重ねているらしいことは、
理系白書の元村さんの函館行から見て取れる。

翻ってサイエンスアゴラは?
ミニサイエンスアゴラで明らかになったのは、期待が高いということだけで、
それを主催団体であるJSTや事務局が受け止めきれていないというのが実感だった。
しかし、私が質問したように事務局の体制や予算について従前とは言えない。
だから、ネットワークであり、コミュニケーションであり、知恵の出しあいが必要なのだ。
事務局だけで出来ないことを参加者や協力者を募って、盛り上げて行くためには、
この三鷹の手法は学ぶ点があるのではないだろうか。

もっと事務局への参加者を積極的に募ってはどうか。
それはスポンサーの勧誘も含めてなのだけど、
金の出どころがJSTだけに自由になりにくい点も多いのではないかと思う。

会場側に座っていた理事長が「国のカネ」を投入するにふさわしいかどうか、
と二度も言ったように、予算の使い方が難しい組織だから。
実行委員会が予算配分にどういう知恵を出すかも必要だろう。

要は、誰が責任を取るのかなのだけど、まあ難しいなあ。
やるべしという声をもっと理事長に寄せていくしかないだろうね。

今年は2日半の開催という声も出たサイエンスアゴラ。
どういう交流の場とするか、ステークホルダーごとの目的を整理して、
その実現のために、どういう場づくりをするかをマトリックスにして、
具体化にはどういう「やり方」がいいかという議論をすべきですね。

もし求められれば手伝いますよ、渡辺さん!

追記
ご紹介いただいたので、リンクしておきます。

ミニサイエンスアゴラ@東京@きりん座
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。