スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田シンポジウムに行ってきました

武田計測先端知財団が毎年1回、2月に開催するシンポジウムに行ってきました。

武田シンポジウム2010

去年の模様は本にまとめられています。
その本は頂いたのでご紹介していますね。

関連エントリ:武田シンポジウムは2月開催:共に生きる知恵

今回、会場でも全員に配っていました。
共に生きる知恵―微生物・人間・情報ネットそれぞれの世界で共に生きる知恵―微生物・人間・情報ネットそれぞれの世界で
武田計測先端知財団

ケイディーネオブック 2009-10
売り上げランキング : 519111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今年の内容も本になるのでしょうね。
それは、かなり読み応えのある素晴らしいものになるだろう、
そう予感させるシンポジウムでした。

川人光男・ATR脳情報研究所所長からは「医療BMIから脳コミュニケーションまで」というテーマで、
ブレイン・マシン・インタフェイスが何を実現しようとしているのかが発表されました。
神経科学に計算機を導入した「計算論的神経科学」の現状を広く紹介、
脳と運動、脳とコミュニケーションといった領域で起きている問題を、
どのように「医療」の場で解決しているかなどが発表されました。

続いて、大隅典子・東北大学大学院医学系研究科教授から、
「いくつになっても神経細胞はつくられる!ー神経幹細胞を活性化するには?ー」
というテーマで、脳の中の海馬における神経新生を中心に、研究内容が発表されました。

すでにブログにアップされていますね(武田シンポジウム@大隅典子の仙台通信
流石の早業です。

アラキドン酸に至る流れは、講演を繰り返して練られたもので、
大変わかり易く、飽きさせないものでした。

休憩を挟んで、最後の講演者は山岸俊男・北海道大学大学院文学研究科教授。
「脳研究と社会科学」というテーマで、社会科学の流れにとっての脳研究の意義が講演されました。

社会科学とは何かに始まり、21世紀の社会科学は脳科学の影響のもとに新たな状況を迎えていて、
実験社会科学、ニューロ社会科学という分野が盛んになっている、というお話でした。

20世紀に社会科学が進展しなかったのは「タブラ・ラサ」説信仰のせいだというのは、
目から鱗のご指摘でした。

社会科学の行動実験と脳科学の連携で新たな「人間性」の解明につながるというのは、
非常に興味深い話で、この分野はこれから本当に注目されるだろうし、
その時に「ニューロマーケティング」というような方向ではなく、
きちんと「基礎科学」として「ニューロ社会科学」を確立して欲しいと思いました。

やはり、見に行ってよかった。

同日開催の「21世紀の科学技術リテラシー」シンポジウムも気になっていたんだけどね。
こちらは、USTの中継(録画はなし)や、ツイッターでのまとめなどがあって、あとからでもわかりそう。

私は、ツイッターのまとめを作った、この方のエントリで済ませます。
21世紀の科学技術リテラシー第3回シンポジウムに参加してきたメモ@Bサイエンスコミュニケーション

武田シンポジウムは、最後に3人によるパネル形式の質疑応答があったのですが、
もう少し、三人のテーマそれぞれに絡むような相互のやりとりが聞きたかったなあ。

導入で「ロボット三原則」を切り口に話を始めたのがちょっと無理があったかも。
川人先生はさすがに「BMI三原則」というような切り返しが出たけど、
あとの二人はロボットとは関係ないし、脳科学の結果はロボットに落とすだけではないから。
そこは山岸先生がおっしゃった「人間の側の問題」であって「ロボット」の問題ではない、
つまり「科学の成果としての技術や人工物」自身に問題があるのではなく、
それを使う人間に問題があるということは普遍的な事実だろうと思います。

講演を聞いて、私が気になったのは「正常」とか「健常」という概念が持つ怖さ。
ロボットで人間をサポートしようとか、外部補強しようとするのは、
「健常者との差異」を埋めようとする行為で、
遺伝子異常という考え方も、精神性疾患の「治療」というのも、
「正常」があるという「思い込み」とか、「標準値」からの差異を認めない行為ではないのか。

人間の多様性は、ひょっとしたら「異常値」の中にあるのかも知れないのに。
それはまた別のエントリで考えます。

そういえば、会場からつぶやいていたヒトもいたようです。
まとめはないのかな?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。