スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間はどのように特別なチンパンジーか:情報ひろばサイエンスカフェ

22日金曜日に文部科学省情報ひろばラウンジで開催された
情報ひろば「サイエンスカフェ」第10回「人間はどのように特別なチンパンジーか」
に行ってきました。

講師は東京大学大学院総合文化研究科の長谷川寿一先生、
ファシリテーターは山科直子さん。

類人猿と呼ばれる人間に最も近いサルのグループのなかでも
チンパンジーは人間とDNAが最も近く、ゴリラとチンパンジーよりも、
チンパンジーと人間のほうが近いことがわかっています。

そのことから長谷川先生は「ヒトは一介のチンパンジーに過ぎない」という話から始めます。
では、どう特別なチンパンジーなのかということを調査結果から明らかにし、
人間の特殊性を説明してくださいました。

話の中で驚きだったのは
チンパンジーが肉食で狩猟をすること。
チンパンジーのオスは子育てをしないこと。
チンパンジーはオス中心の群れで、メスが群れを出て行くこと。
などでしょうか。

おとなしそうに見えるチンパンジーが実は凶暴な力を秘めていることや、
その群れの生態があまりにも人間とかけ離れている当たりが
今までのイメージを覆していませんか?

日本はサル学を産んだ国ですから、その個体観察手法で
アフリカでも多くの概説を覆してきたようです。

サル学の現在 (上) (文春文庫)サル学の現在 (上) (文春文庫)

文芸春秋 1996-01
売り上げランキング : 243452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サル学の現在 (下) (文春文庫)サル学の現在 (下) (文春文庫)

文芸春秋 1996-01
売り上げランキング : 251554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それだけに、最後に「ニホンザルとの違い」「ボス猿はいるのか」を質問させていただきました。

ニホンザルは類人猿ではないので、今日の話には出てこなかったのですが、
比較的新しいサルなので社会的な群れを持っているのではないか、
また、チンパンジーにはオスの群れの中にボスというような仕組みはなく、
基本的に個人主義(個サル主義?)で、グループを作って競い合うという事はないようです。

果実食で個体で生きる類人猿が、なぜヒトのように社会化したり、
集団で子育てするようになったか、このへンが面白い課題のようです。

この間紹介した本の中で、長谷川寿一先生の奥様の長谷川眞理子先生の報告が
このあたりを考えるヒントになりそうです。
共に生きる知恵―微生物・人間・情報ネットそれぞれの世界で共に生きる知恵―微生物・人間・情報ネットそれぞれの世界で
武田計測先端知財団

ケイディーネオブック 2009-10
売り上げランキング : 70461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長谷川寿一先生の研究を知るのは、このへンを読むといいようです。
進化と人間行動進化と人間行動

東京大学出版会 2000-04
売り上げランキング : 113274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こころと言葉―進化と認知科学のアプローチこころと言葉―進化と認知科学のアプローチ
長谷川 寿一

東京大学出版会 2008-11
売り上げランキング : 256388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

心の進化―人間性の起源をもとめて心の進化―人間性の起源をもとめて
松沢 哲郎

岩波書店 2000-11
売り上げランキング : 151706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。