スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち納めはボールの奉納になった

12月30日は、今年のゴルフの打ち納めで、

カントリークラブ・ザ・レイクス

に行ってきました。

青木功、樋口久子という日本ゴルフ界の巨匠の設計監修というコース。
名前の通り「レイク(湖)」というか「池」だらけでした。

午前はOUTコース。3191ヤードとそれほど長くはないんですが、
池越えのティーショットも多いのでプレッシャーになります。

特にパー3のショートは池を越えられず。
グリーンが大きいので、下手に乗ってもパターに苦しみます。

ドライバーはまあまあでしたが、アプローチがいまいち。
それでも、パー発進でパーで締めるという上々の前半でした。

パー3 ボギー1 ダボ3 トリ2 パット20。

午後はINコース。3163ヤード。
OUTよりも短いのは、ドッグレッグが増え、さらに池が迫ってきます。
とにかく、池に入れまくり。
3番で4球、5番で6球と大量に奉納しました。
さらに、アプローチの距離感がなくなってしまい、
ボロボロでした。

パー0 ボギー2 ダボ2 トリ3 +7と+11が各1 パット21。

結局 49 69 の118。

大波賞というか、撃沈ですね。

番手を変えても、打つ方向を変えても池に打ち込む。
もう見入られたようでした。
今まで拾って蓄えておいた球も、下ろし立ての球もみんな無くなりました。

まあ、これも今年のゴルフの厄を落としたということにしておきましょう。

ショートホールで3ホールキャリーが足りずに池に入れたのがショックです。
なぜ、6番アイアンで140ヤード飛ばないのか?
当たりが薄かったり、ダフったりしているんですけどね。

身体を伏せて、下に打たないといけません。
左の壁が課題ですねえ。

来年は、1月3日からゴルフに行きます。
今年以上に行くハメになるのか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。