スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい漫才が見られなかったM-1(追記アリ)

今日は、M-1でしたね。

始まるまでに帰れないことはわかっていたので、録画予約しておきました。
今さっき見終わりましたけど、パンクブーブーは、おめでとうございます。

昨年は、漫才における「ある限界」を守ろうとしていると、

M-1も曲がり角かもしれませんねえ。

というエントリを書いたわけですが、
今年はさらに、審査員の限界を感じました。
100点をつけた紳助には、こらえ性が無くなったことを感じましたし。
そのこらえ性のなさというのは、やはり「老い」だと思います。
カウス師匠の「優しさ」とは違う、高得点の影に見える審査員としての紳助の「老い」。
これは、かなり大きな問題だと思います。

早稲田で現役講師をやっている漫才師であるサンキュータツオさんは、
今日早速、M-1についてブログを更新していました。

M-1のオンバト化、鳩山政権化@サンキュータツオ教授の優雅な生活
>ハリのあるツッコミと、一行ごとにボケていくテンポ。完成度。
パンクブーブーが優勝したのは当たり前かもしれませんが、「M-1」という番組の役割からすると、アンタッチャブルが優勝したときの時間に逆戻りしてしまったよう。


総じて、ワタシは、この方の批評に同意です。

>でもここ数年の、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマンが出てきた時とは、明らかにトーンダウン。

そう、ワタシもM-1は漫才の可能性を広げる「新しさ」を評価する番組であって欲しかった。

>物議を醸してでも、「新しさ」に比重を置いてもいいのではないでしょうか。

それまでの漫才の評価軸を変える漫才を、
新しい漫才を評価するのが紳助であり松本人志だったのではないでしょうか?
彼らも「老いた」のでしょうか。
何かを守るのでしょうか。
審査員(具体的には紳助と松本人志ですが)がしゃべりすぎ、
ボケをかましすぎなのも気になりました。
(上沼恵美子のマイケル並みに白すぎるメークも気になりましたが)

>去年、オードリーを優勝させなかった審査員は、今年もおなじ基準で測った、ということなんでしょう

そういうことなんでしょうね。

>M-1は、審査基準を変革しない限り、今後予定調和な番組になっていくのだろうと思いました。
これだけのメンバーをそろえながら、審査員が客席と「一体化」してしまい、安定してしまった。
個人的には、メンバーを見たときの期待を下回る結果になりました。


それにしても、吉本所属ではないとはいえ、漫才界に身を置きながら、
ここまで書くサンキュータツオさんに敬意を表して、引用させていただきました。

昨年ワタシが感じた「曲がり角」感は、今年さらに加速していて、
来年への懸念さえ感じてしまいます。

パンクブーブーが来年ブレークするとは思えず(それは彼らが面白くないからではない)
たぶん、これからM-1グランプリがマスコミの寵児になることはないのではないか?
そういう疑問を持ってしまったのでした。

M-1は漫才の一基準を作ってしまった番組ではあるけども、
今後の漫才を広げるものにはならないかもしれません。

追伸
サンキュータツオさんのさらなる分析にリンクをはっておきます。
M-1グランプリ2009 9組のやったこと (前編)

M-1グランプリ2009 9組のやったこと (中編)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。