スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから、みんな、事業仕分けをどうする気なのか?

事業仕分けで、スパコンは見直しのはずなのに、やっぱりやるらしいね。

スパコン:「仕分け結果と異なる対応」 川端文科相が方針@毎日.jp
>概算要求では、米国、中国との開発競争をにらみ、267億円を計上して開発を加速、計算速度世界一を目指すとしていた。川端文科相は「世界一を必死に目指す目的ではなく、世界最速レベルのスパコンを持つことは、日本の科学技術進歩のためどうしても必要」と話した。

オンリーワンとナンバーワンの両取りって言っていたけど、そんなことできるのか?

それに、事業仕分けの意見の中身を吟味せずに、一部の科学者の批判だけで(しかも中身は的外れ)
「政治決着」なぞ目指していいのか?

仕分け人の一人だった、中村桂子先生が毎日新聞12月4日付けの「急接近」でインタビューに答えている。
(毎日のサイトに無いので、手打ちしている方のサイトにリンク

>-ノーベル賞受賞者をはじめ批判もありますが。
◆科学技術の重要性を否定した仕分け人はいません。大事なのだから、もっと有効に限られたお金を使おうという努力です。そうそうたる学者や学長が、頭ごなしに「科学技術の大事さがわかっていない」とおっしゃる姿には違和感を覚えました。お金でなく、研究の魅力を語り、それへの共感を基本に、この国の学問を育てようという提案をしてほしかったです。


この点には、ちょっと一言でも触れていた。

>高見の見物でいればよいものを、ちょっとした正義感のようなものに動かされ、こんな劇場型とは思わず参加しましたので、正直ちょっと疲れました。なかでも最も悲しい思いをしたのが、ノーベル賞、フィールズ賞受賞者の記者会見です。これは、なかったこととして頭の中から消したい事柄です。皆さん存じ上げ、尊敬している方たちだけに、泣きたくなりました。お一人お一人社会的立場を踏まえて意見をおっしゃるのは当然あってよいことですが・・・科学と社会とかサイエンス・コミュニケーションと称する活動の浅薄さを見た気がします。

さらに、急接近では、政治家への危惧も述べている。

>-仕分けの最中に、閣僚が「科学技術については政治判断する」と発言しました。
◆今回の判定がすべて正しいとは思いません。意見が分かれた場合、無理やり一つの結論をまとめたり、長期的に見て疑問に思う点もありました。全体を見て、再検討する機会が必要でしょう。しかし、透明性をもって専門家の意見を聞くことなく、政治判断だけで結論を変えたのでは、システムを変えたいと思って参加したのに、何のためだったのか分からなくなります。


政治家も、科学者も、事業仕分けをきっかけに「あるべき姿」を考えるべきだったのに、
結局、目の前のことばかりで、延長線上にある未来ばかりを求めているように見える。

政権交代は、これまでの延長線では動かない(達成しえない)未来を考える良いチャンスだったのに。

その意味では、アメリカには政権交代を「チャンス」捉える歴史的な積み重ねがある。
それがうまく行っているかどうかは別として、澱のように溜まった無駄を無くすことはできる。

中村桂子先生が、昔から戦ってきたのは、巨艦巨砲主義の日本の体制だった。
何か大きな声があれば、そちらにバーっと流れるこの国の持っている危なさ。
それが、科学の世界でも変わらずにあることを嘆いてこられた。

今回も、「声の大きい人」のために、見直しは行われないのだろうか。

スパコンが不要だとは言わない。
今の計画は見直すべきだと言っているだけなのに。

スパコンについては、こんな話もある。

米国空軍がPS3 2500台で380TFLOPSのスパコンを作ることにしたらしい@Life is Beautiful
>日本でスパコン産業支援のための予算が事業仕分けで見送りになった件については、Twitterとかでつぶやいても来たが、そろそろ「産業支援のありかた」を根本的に見直すべき時が来ていると思う。特にIT産業においては、勝負すべきレイヤーが大幅に変化している時期でもあり、過去の産業構造に捕われた支援の仕方をしても税金が無駄になるだけ。

アメリカ空軍がソニーのPS3を2200台つなげてスパコンを作るらしい。
PS3のなかのチップCELLの高性能は以前から喧伝されていたところ。

>単純計算すれば、150GFLOPS x (336+2200) = 380TFLOPS、と地球シミュレータの10倍の性能のスパコンを、ハードウェアコスト1億円以下で作っていることになる。

こういう発想に勝てるのか? 
さらにいえば、国が、官僚が、世界をリードするアイディアを出せるのだろうか?
企業の自由競争の結果生まれた製品を、どう高度に利用するかというような段階で、
今更、国の支援が必要なのだろうか?

>こんな時代に、「国内のスパコン産業支援のために700億円」という目的も効果もはっきりしない説明でのは国民の理解を得られなくて当然と思う。「日本としてどこで勝負したいのか」という明確なビジョンを示して国をリードして行かないかぎり、国民の指示は得られないし、本当の意味での強い産業は育たない。

この意見に全面的に賛成だし、今回のスパコン騒動は第5世代コンピュータの戦略から
変わっていない様に見えて仕方がない。
半導体やコンピュータは経産省主導で負け続けてきたのではなかったのか?
それを文科省が肩代わりしているだけではないのか?

事業仕分けで盛り上がった「見直し」気分は、財務省による「ガス抜き」で終わるのだろうか?
政治主導の掛け声は、大臣が抵抗勢力になるだけなのだろうか?

そろそろ民主党のと言うか、鳩山政権の底力の見せどころだと思うけど
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。