スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツを生かすにはエディターなんですけどね

昨日ツイッターで、

>コンテンツの時代の次に来るのは(必要なのは)エディターの時代と言い続けて3年。なかなか来ない。でも、ダダ漏れ映像時代の次こそは、優秀な編集者の時代だと思うんだけどね。編集されたものだけが有料の価値があり、撮りっぱなしはフリー(値段も権利も)という時代になるとおもう。


とつぶやいたのだけど。
RTをいただいたりしていたので、ブログに書いてみる。

湯川つぶやきさんが、メディアからコンテンツへの動きをよくレポートされている。
(たとえば、Aolのコンテンツ作成型メディアのさらなる詳細=silicon Alley Insider

>新生Aolは全部で80以上のコンテンツサイトを、500人のフルタイムの編集者と2500人のフリーランスのライターで作り上げる計画

メディアは、広告を載せるための入れ物と化しているわけだけど、
もともとは「コンテンツ」を伝達するためのもので、
良質なコンテンツを届けて、そのコンテンツを見るためにチャンネルを合わせたり、
購買したりした人に広告も見てもらうというビジネスモデルだった。

それがいつしか、広告枠の代金でコンテンツをつくることに窮したり、
広告の方がメディアのコンテンツよりも多額のカネと優良な才能で作られるようになり、
広告クリエイターの仕事を見るためにメディアがあるような感じになっていった。

しかし、コンテンツがクリエイターからネットを通して
視聴者(読者)にダイレクトに届けられるようになったいま、
メディアの存在が危ぶまれていることは、皆さんご存知の通り。
視聴率が下がっていたり、新聞の購読数が下がったりしているのは、
広告のために存在するメディアに「見巧者となった買い手」が必要性を感じていないから。

だって、直接自分が検索すれば、自分の好みの動画だの文章だのが見られるのに、
中途半端なメディアのコンテンツを見る必要がなくなるよね。
しかも、携帯で動画が見られたり、iPhoneでUstreamが見られたりするのに、
なんで、テレビの前に時間通りに座らなければいけないのか、
わざわざ新聞なんか買わなければならないのか。


だから、広告が載る「乗り物」がメディアから検索エンジンになってしまった。
Googleのビジネスモデルの登場ということですな。

見られているのはブラウザーであり、検索結果のページなのだから。

でも、コンテンツがあふれるようになると、
必要なのは、やはり自分好みにチョイスしてくれる「代理人」の存在。

以前は、新聞社ごと、雑誌社ごとの「好み」があって、それに即した記事が読めた。
左翼だったり、右翼だったり、中道だったり、アカデミックだったり。
それも細分化して、なんだかぴったりなものがなくなってきたから、
自分が気に入った意見をいう人のメルマガを買ったり、ブログを見たりするように成っている。
有料サイトの中には、この「チョイス」を売りにしているものも多い。

この「チョイス」とか「サマライズ」とか、何が重要かを好みに応じて教えてくれる存在。
それが、次の時代のビジネスモデルであることは間違いないし、広告もGoogleもそっちへ動いている。

冒頭のAOLの記事だって、「500人のフルタイムの編集者」と書いている。
2500人のライターはフリーランス(つまり記事ごとの契約かもしれない)なのに、
編集者はフルタイムなのは、編集者がライターの記事を選別する事の方が重要で、
社員でないと困るからなのではないか。

ところが、日本では「編集者」という職業がなんだか固定されていない。
編集者とは、出版社の編集者だけを指すのではなく、
コンテンツを世の中に出すための作業にはすべて編集者が必要なのにも関わらず、
どうしたらばなれるのか、どこにいるのか、さっぱりわからない存在に成っている。

でも、これからは、コンテンツが誰でもメディアがわりのネットで流せる時代になる代わりに、
有料化にたる「プロの仕事」はますます編集者の力が必要になってくるはずなのだ。

ダダ漏れ映像は装置と根性があればできるが(それも大変なことなんだけど)、
それを有料化して見てもらうには、やはり編集が必要だと思う。

だって、全部見るのは大変だもの。
時間が一番高価なものになってくるに違いないわけで、
時間を有効に使うものには人はカネを払いますよ。

ということで、フリーの時代になればなるほど、
編集の力(エディティング)が重要になるとおもうのだ。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
小林弘人

日本放送出版協会 2009-11-21
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


編集者という病い編集者という病い

太田出版 2007-02
売り上げランキング : 31526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新版 編集者の学校 カリスマたちが初めて明かす「極意」 (講談社プラスアルファ文庫)新版 編集者の学校 カリスマたちが初めて明かす「極意」 (講談社プラスアルファ文庫)

講談社 2009-02-20
売り上げランキング : 222558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

編集者をめざすならぜひ聞いておきたい大先輩17人の貴重な話―法政大学エクステンション・カレッジ編集・ライター講座編集者をめざすならぜひ聞いておきたい大先輩17人の貴重な話―法政大学エクステンション・カレッジ編集・ライター講座

法政ナレッジクリエイト 2007-10
売り上げランキング : 258656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。