スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタリマエ社会を考える

昨日書いたエントリ「あたりまえ社会と契約社会」について、
今日も書いてみる。

というか「アタリマエ社会」と名づけてみて、なんともすっきりした感じがあり、
そこから、いろいろなことが見えてきそうに思ったのだ。

ある体験@プレイバック CoSTEP
>研究者が自らの関心に基づいて、あるいは「社会のために」と自分では思って研究開発していても、現実の社会からそのように受け取られるとは限らないということを、その研究者は学んだのだ。
言い換えると、研究者の思いと社会の思いとの「すりあわせ」、両者の「対話」が、サイエンスカフェという場で起こったのだ。


これも「アタリマエ」で思考停止していたところに、別の角度から意見が来てハットした例。
つまり、この国では、「アタリマエ」で思考停止してしまいがちなのだ。
しかも専門家ほど、そうなりがちかもしれない。

それは、多くの「アタリマエ」の組み合わせの上に構築された強固な世界にいるからだ。
その「アタリマエ」は多くの先人が努力の上に確立したもので、
その体系は総称して「●●学」と呼ばれていることが多い。

そして、アタリマエの体系である「●●学」は、相互の理解や相関を無くしたままだ。

問題なのは、善意で行われている「アタリマエ」が別の観点からは善意ではない場合だ。
そこに現代の問題の多くが浮かび上がるような気がする。
「アタリマエ」を打ち壊して、新しい「信頼」を構築しないと、21世紀の先は無い。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。