スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学にかかるお金の全体像が見えない

事業仕分けには、いろいろな意見が寄せられているわけですが、
それにしても、科学関係の予算の全体像って、誰か把握しているんでしょうかね?

2009年11月17日 寄稿『科学技術に事業仕分けは向いていない』 @サイエンスポータルレビュー
>行政刷新会議による事業仕分け作業が大きな関心を呼んでいる。新聞、テレビなどの扱いも、仕分け作業をおおむね好意的に見ているように見える。当欄では、こと科学技術関係に関しては仕分け作業に要する時間が十分だろうか、という疑問を呈する以上の論評はしていないが、問題の重要性に鑑み、科学技術行政を追い続けている中村直樹・科学新聞記者からの寄稿を紹介する。

ということで、科学新聞という業界紙の記者による寄稿が載っています。
事業仕分けを実際に間近でみた人の意見ですから迫力がありますね。

>競争的資金(先端研究)は、科学技術振興調整費(革新的技術推進費、先端融合領域イノベーション創出拠点の形成)、科学研究費補助金(特別推進研究、特定領域研究、新学術領域研究、基盤研究(S))、戦略的創造研究推進事業、戦略的イノベーション創出推進事業、先端的低炭素化技術開発、戦略的基礎科学研究強化プログラムという6事業を1つの区分として1時間の枠の中で「予算の縮減」との結論を出している。

こんなにいっぱいある上、文部科学省の下で多くの組織が動いている。

科学技術振興調整費
科学研究費補助金
戦略的創造研究推進事業
戦略的イノベーション創出推進事業

だから、仕分け人には大学教授もいるのに、議論が混乱してしまう。

>数人の仕分け人が、科研費制度全体への不満などを言うだけで、各研究種目の違いなどについてはほとんど議論されていない。その他の競争的資金については、議論の対象にすらならないものもあった。また制度全体の話として間接経費を縮減すべきだという意見もあり、基盤を支える運営費交付金などの経常経費が減っているという前提について理解ができていないようだ。


若手研究費はポスドクの雇用対策だと思われているらしい。
それならば、もう少しポスドクも助かるんでしょうが、そんなこたあない。

>地域科学技術振興・産学官連携(知的クラスター創成事業、都市エリア産学官連携促進事業、産学官民連携による地域イノベーションクラスター創成事業、産学官連携戦略展開事業、地域イノベーション創出総合支援事業)の評価は、「廃止」となった。この日の議論の対象で、最もその内容を理解してもらえなかった事業だろう。

こういう事業があることすら知らない人は多いと思う。
その時点で負けだし、成果が上がらないのも無理はない。
役人の自己満足になっていなかったかという観点からも見ないといけない。

>科学技術に関する限り、事業仕分けという仕組み自体が適切ではない。そもそも総合科学技術会議の優先度判定などで毎年評価を行っているにもかかわらず、それに加えて事業仕分けをするということ自体が行政の無駄になっているのではないだろうか。

裏側に大きな枠組み変更とその基準があれば、
今回の「縮減」も「見直し」もよい方にとらえられることもできよう。
でも、そこが見えないから、一方的に「減っていく」感じだけが残る。

一人称語り@A Science Communicator’s Diary
>基礎研究に、そしてそこに学び働く人たちに、そうですね、年間5000億(もっと少ないかな)と考えれば、国民一人当たり、5000円、あなたは払いますか?

こういう問いがもっとあっていいと思う。

かつて、すばる望遠鏡の400億円について、
小平桂一さんは「国民一人当たりコーヒー1杯」と言った。
そして、「コーヒー以上の夢が味わえます」と語り、皆を納得させたという。

>こういう、「払います」を外野にどれだけ、言わせられるんだろうか、基礎研究者は。そこが、ほんとに、大事なんだと思います。

でも、これを書いている人も半分部外者。すでに研究者ではない。
だから、研究者の声が聞きたい。

科学技術立国と呼ばれた日本の行方【コメント受け付けます!】@大隅典子の仙台通信
>それにしても、今年度来年度の予算について、こんなやり方で決めていって良いものなのでしょうか?
ちょっと乱暴ではありませんか?
科学・技術関係事業に関する今日の仕分けについての私見を3点だけ述べておきたいと思います。


このコメントは必見だろうな。

文科省はどういう意図かはわからないが動き出した。

行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください

で、日本学術会議は?

宇宙の果てまで―すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡 (ハヤカワ文庫NF)宇宙の果てまで―すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡 (ハヤカワ文庫NF)

早川書房 2006-05
売り上げランキング : 87366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宇宙の果てまで宇宙の果てまで

文藝春秋 1999-03
売り上げランキング : 753350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大望遠鏡「すばる」誕生物語―星空にかけた夢 (ノンフィクション知られざる世界)大望遠鏡「すばる」誕生物語―星空にかけた夢 (ノンフィクション知られざる世界)

金の星社 2000-01
売り上げランキング : 484226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

行政刷新会議 事業仕分け 中継

徒然流Blog 「事業仕分け」1兆125億円の財源確保 11月17日3時4分配信 読売新聞 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は16日、2010年度予算の概算要求から無駄を洗い出す「事業仕分け」の4日目の作業を東京・市ヶ谷の国立印刷局職員用体育館で行い、6事業...

コメントの投稿

非公開コメント

文科省は、解体すべきです。

省庁の中で文科省が一番腐っています。不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実を作りだしたのは、文科省官僚です。大学や独立法人への天下りなど、したい放題をしています。日本社会の最大のガンは、文科省です。「『おバカ教育』の構造」という本を読んでごらんなさい。すべてが分かります。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。