スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分けを元にした「思考仕分け」Part1

まず最初に、他人のエントリで整理してみましょう。
このブログの常套手段ですね。

かなり多くの方がすでに「事業仕分け」で記事を書いているので、
いろいろ見ていただきたいですが、私が気になったのはこちら。

科学(者)のウソとマコト - #書評_ - なぜ「科学」はウソをつくのか@404 Blog Not Found
>「仕分け」の「仕打ち」は、こういう人を粗末にしてきたあなた方にも一因があるのだから。

その人のブログでのエントリ(こんな仕分け人、無駄かも)の中での言葉
>科学技術に関して、こんな無知な仕分け人が全てを決めしまうとは・・・「理系」内閣がいきなり亡国へ向かうとは残念なことだ。

に、こう食いついている。

>言ってよかったのである。「サイエンスコミュニケーションをおろそかにしてきた結果がこれだよ!」と。
(略)
「亡国」?上等じゃないですか。
科学は、いつから国家より小さなものになったのだ。


そう科学は「日本のため」だけにある訳でない。
だからこそ科学者は、「有権者一人ひとりにリターン」などできないのだ。
科学者がリターンするのは全人類の為の「知の拡張」なのだから。

そこで考えなければならないのは、科学者が誰から資金を調達すべきなのか。
ひょっとしたら、国からではないのかもしれない。

もう一度いう。政府の補助金なんて当てにする科学技術の発展なんてやめにしよう@六本木で働いていた元社長のアメブロ
>国主導だといつまでたっても国産にこだわる。全部あるいはほとんど国産にする意味がどこにあるのか?そもそも素材の金属はどこ産の金属だ?海外がほとんどだろう。まあここまでいうと言いがかりかもしれないが、こういう柔軟な発想は国主導の機関ではできないんだ。

だとすれば、ホリエモンも宇宙開発に資金を投入した研究所でも作ってほしいなあ。
ひょっとすると、こういう金の匂いに敏感なギークという珍しい存在が、
研究機関の運営に能力を発揮するかもしれないしね。

>別に科学者全員に自分の研究費は自分で稼げといっているわけではない。でも、たとえばある基礎科学研究で恩恵を受けて応用科学研究で巨万の富を得たとしたら、どんな分野でもいいけど基礎科学研究に自然と寄付する流れを作ればいいし、あるいは、大学や研究機関なら儲かる応用研究分野がスピンアウトして出来た株式会社の上場益を、その出自の研究機関や大学に還元できる仕組みを作ればいい

この提言は真っ当だと思う。
脳トレで稼いだ金で研究室をまかなっている脳科学者もいる訳だし。
あり得ない話ではない。

ところで、日本には資源が無いから科学技術に資金を投じるべきだという意見を、
私は「間違いだ」と書いた。

日本が資源が無いから資金を投じるべきなのは「技術」であって、「科学」ではない。
そして技術に資金を投じるのは企業の役割であって、すでに国ではない。
日本が発展途上国だったころには正解だったかもしれないが、
その頃の思い出話にすぎない「官僚たちの夏」は二度と戻らないだろう。

日本がこれだけ世界に大きな影響力を持つときに、
あの頃と同じことをすると大きな過ちにもつながりかねない。
大体、この時代に企業以上に官僚がリード出来るとも思えない。

では「科学」は国が資金を投じるべき分野ではないのか。
当然ながら、そんなことは無い。理由が違うのだ。

科学は日本が資源が無いから資金を投じるべき分野なのではなく、
日本が世界に貢献することが出来る数少ない分野だから、積極的にやるべきなのだ。
世界から尊敬される国である為に、
平和でなければ出来ない科学研究を推進することしか無いのだと思う。
それは、国民一人ひとりに大きなリターンをもたらすはずだと思う。

資源が無いから資金を投じるという発想は、
科学を通じて「日本が大きくなる」と言う思想につながっている。
その思想は、リターンが無い科学はいらないに直結してしまうだろう。

競争に勝つ為ではなく、日本が世界から尊敬される為に、
科学以外に何が出来るというのか。
欧米以外で随一のノーベル賞受賞数を誇ることや、
多くの科学者の名前が歴史的に認識されていることを通して、
日本は世界に貢献していることを日本人として誇りに思うことが出来るのが、
科学をもっと進めていく意味だと思う。

だから蓮舫議員の言葉に「バカも休み休み言え」と言えるのだ。
竹内薫さんのようにね
>誰かが蓮舫議員にはっきり「バカは休み休み言え」と諌言すべきではないのか。この人に、日本の将来にとって欠かせない科学研究と、そうでない科学研究を区別する能力はない。

そして「リターン」ばかりを求めると結局大きな富を失う。
>経済「原理」主義で研究開発予算を切りすぎたメーカーが、数年後にまともな製品が出せなくなって大変になった例を考えてみれば、今、日本が直面している問題がわかるはずだ。

いろいろ問題はあるが、事業仕分けで科学関係費が「見直される」ことには
私は賛成なのだな。
人を育てる予算を大きくつくり直す為に、
いまの科学研究費の枠組みは見直すべきだと思う。

その辺はまた別エントリで。

関連エントリ
事業仕分けって、よくわからん。
事業仕分けって、裁判員制度による裁判みたいなものなの?
事業仕分けをどう見るかで「思考仕分け」ができそう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。