スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシュアランスと生保の違いとは:「生命保険のからくり」

いろいろと話題の本をようやく読みました。
他にも積ん読がたまっています。

最近、本読みながらiPhoneにメモ書いたりしているのですが、
そのメモによると,まず考えたのは、
インシュアランスと生保の違いでした。

著者の岩瀬さんが序章で書いているエピソードに、
ハーバード・ビジネス・スクールを卒業する際に、
友人に新しい生命保険会社を立ち上げることを伝えると
アメリカ人の友人は
「insuarance? 日本のバフェットを目指すんだね」と言い、
日本の友人は
「え、セイホ? なんでまた?」といわれた。
というのがあります。
このエピソードはまさに端的にこの本の執筆目的、
そして岩瀬さんの起業の動機を物語っているように思いました。

なぜならば、この感覚の違いが、
まさに日本の生命保険業界が抱えている問題を表しているからです。

ウォーレン・バフェットとは、いま世界でもっともお金持ちの一人であり投資家。
その人が率いるバークシャー・ハサウェイ社が、
保険業を中核事業として、その保険料を投資の資金にしてきたこと。

一方で、確かにバブルの頃に「ザ・セイホ」とか言って、世界中で投資しまくって、
今ではさっぱりな日本の生命保険会社。

保険業のもう一つの顔が機関投資家であることは、
知識としてわかっていても、
ザ・セイホとバフェットは私にも結びつきませんでした。

じゃ日本の生命保険会社とはどんな存在なのか。
そこを明らかにしてくれるのが、この「生命保険のからくり」でした。

生命保険のカラクリ (文春新書)生命保険のカラクリ (文春新書)

文藝春秋 2009-10-17
売り上げランキング : 114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本の帯に「ネット生保の副社長が明かす、生保業界の“裏のウラ”」
とあるのですが、全くの「釣り」コピーです。

そんな本じゃありません。
裏も表もない、生保業界とは何かを素人が学んで、わかりやすく説明した本です。
ただ、その素人が74年ぶりに誕生した独立系生保の副社長だと言うこと。

だから、おかしいと思うことを調べ、納得し、改革していくことができる。
その過程が見える本です。

たとえば、自分が入っている生命保険について他人に説明できる人がどれくらいいるでしょう。

保障内容を覚えていないだけではなく、いくら払っているかも即答できないし、
かなりよく調べないと自分のことでも怪しいのではないでしょうか。

ちょうど年末調整の時期で、生命保険会社から
今年払った保険金の控除証明がきている頃だと思います。
よく見てみてはいかがでしょう。

結構払ってませんか?

自分のことを考えてみますね。

私は、日本生命で12450円/月×12=149400円
プルデンシャル生命で4110円/月×12=49320円
アフラックで6219円/月×12=74628円
合計273,348円を生命保険に払っていました。

でも、保障の中身を即答はできないですね。

しかも、岩瀬さんが本書中で指摘しているように、
貯蓄と保障が組み合わさって複雑になっています。

日本生命の保険は終身保険で1993年に加入したので、利回りが高く、
5年ごとにもらう20万円が5%で回っています。

加入したのは、結婚がきっかけで、
知人の女性が当時日生のセールスレディだったので言われるがままに加入した物でした。

プルデンシャルの保険は、大学の先輩の紹介で(彼の教え子)
会ったライフプランナーと相談して決めた物。

93年の終身保険の利回りが高いので、これをキープして、
それを補完するような商品を購入したはずだけど、内容は忘れたなあ。

アフラックは、会社勤めの頃に付き合いで入って、そのままにしてあるんだと思う。

典型的なGNP(義理、人情、プレゼント)加入ですね。

私は、一応仕事で金融ビッグバンに関する広報誌などをやっていたので
知識はあるしファイナンシャルプランナーさんともつきあったのですが、
それでも、こんなモンです。

新版 図解 生命保険のカラクリがわかる本―行列ができる“保険相談室”本日開設!新版 図解 生命保険のカラクリがわかる本―行列ができる“保険相談室”本日開設!

東洋経済新報社 2003-01
売り上げランキング : 40445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(このセンセイにはお世話になりました)

今や、保険会社も潰れる時代で、保険を理解しておかないと、確かな保障は得られない。
そういう意味でも、生命保険がどうなっているのか知っておいた方がいいです。

それには、本書と、同じくライフネット生命の社長である出口さんの名著を
あわせて読むことをオススメします。

生命保険入門生命保険入門

岩波書店 2004-06
売り上げランキング : 94507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ユーズドで5500円も付いてます!
この出口さんの本は、生命保険のプロ中のプロが書いた本で、
この本を踏まえて、現状に会わせ、素人向けにしたのが岩瀬本という感じでしょうか。

そういえば、「ザセイホ」という言葉を考えたのは出口さんだと言う話も出てきます。
そんな、プロと素人が組んで立ち上がったネット販売の生保
ライフネット生命は、順調らしい。

ベンチャー企業の成長曲線@生命保険立ち上げ日誌
>同業者の皆さん、「ネット生保苦戦してるよ」ってあまり言わないでください。お陰さまで、順調に伸びてますので。

新契約件数は2ヶ月連続で過去最高を更新@ライフネット生命
>10月単月の申し込み件数は4ヶ月連続で2,000件を超え2,247件、新契約件数は1,752件と2ヶ月連続で過去最高を更新しました。 前年同月比では共に3倍超と大きく伸長しています。 その結果、10月末時点の保有契約件数は14,432件、年換算保険料は655百万円となりました※1。

あと生命保険に関する豆知識としては、
保険の種類によりますが、生保からお金が借りられます。
解約返戻金の9割くらいまで借りられて,利息も消費者金融八カードローンより安い。

これもあまり積極的に生保が言ってないことかもしれません。

生保にはなぞが多い。
なのに、よく理解しないまま月々多額の保険金を払っている。
その辺を見直すきっかけに、本書をどうぞ。

生命保険のカラクリ (文春新書)生命保険のカラクリ (文春新書)

文藝春秋 2009-10-17
売り上げランキング : 114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

すごく面白いブログですねっ!
これからも頑張って下さい!

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。