スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名運動って有効なんだろうか?

このところ、ツイッター上で署名運動に関する話題が2つあった。

一つは、勝間和代さんがデフレ対策に関する共感を募ったフォロワー集め。

@anti_deflationというアカウントをつくって一日で2300以上のフォロワーを集め、
菅直人大臣への説明に使った(pdf)というもの。

国家戦略室への提言「まず、デフレを止めよう~若年失業と財政再建の問題解決に向けて」@私的なことがらを記録しよう
>-Twitterで趣旨を説明して、署名アカウントを作ったところ、1日で2,300名以上の賛同者が集まった(紙で画面を提出)

いま見ると2919件のフォロワーがいます。

でも、これを指して「国民の意思」とか「総意」とか言うのはいかがなものかと。
かなり限定された母集団(ツイッター上だし、勝間さんおフォロワーだし)から
集めた意見を政府に突きつけるというやり方が署名運動なのかなあ。

勝間さんのこの行動と説明用のpdfについて池田センセイが噛み付いてますね。

勝間和代氏のためのマクロ経済学入門@池田信夫ブログ
>菅直人副総理(国家戦略室担当)に対して、勝間和代氏が「まず、デフレを止めよう」と題したプレゼンテーションを行なったようだ。その内容は出来の悪い学生の答案みたいな感じだが、これが国家戦略に影響を及ぼすとなると放置できないので、少しコメントしておこう。

デフレとデフレスパイラルは違うとか、コドバの解釈が間違っているとか、
そして最後には、
>幸い菅氏は納得しなかったようだが、こんな間違いだらけの経済政策を政府に提案するのは、笑ってはすまされない。「勝間バブル」も、いい加減につぶしたほうがいいのではないか。

ずいぶん思いきった噛み付き方だなと。
で、たとえば、この池田センセイもツイッターをやっているので、
同じような署名をやったらどうなるのだろうか?

そういう母集団の問題を考えてしまう署名運動だった。

もう一つは、科学政策もの。

科学研究費補助金の一部の執行停止に対する反対署名はじまる@科学政策ニュースクリップ
>ご自身がポスドクでもある市川 憲人さんが、「科学研究費補助金の一部の執行停止に対する反対署名」を始められました。

この署名は署名サイトを利用して行われてます。

科学研究費補助金の一部の執行停止に対する反対署名@オンライン署名サイト
>日本は高い科学技術を保持し輸入した製品に付加価値をつけて輸出をし、その差額で資源や食料などを輸入する加工貿易立国であり、それ故に科学技術立国としての地位を守らなければいけません。日本のロングスパンの科学技術の将来を支える若手研究者の生命線ともいえる科研費などの一部(以下参照)が突然削減されようとしています。それによって研究者生命を断たれようとしたり、海外の一線で研究をしてきた研究者が突然の停止によって帰国を余儀なくされています。これは将来の日本の科学技術に大きく影を落すものであり、結果として加工貿易大国としての日本の将来を奪うものです。執行予算削減の決定は11/13ごろで待ったなしの状況です。

目標は5000だそうです。
現在(11月8日12時)265とあります。

ツイッターなどでも流れてきましたが、あまり実効性はあがっていないみたいです。

この署名に着いては、この方がバッサリやってます。

戦略も戦術も感じられない戦い@「コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ(笑)」社長のブログ
>この署名活動。これは科研費の削減に反対するという活動における一つの戦術なのだが、内容があまりにもお粗末。ダメな点を列挙すると、

と6つあげてます。
詳しくはブログを見ていただくとして、
要は文章で訴えている内容がひどい、ということなので

>あ、でも、やり方がまずくても、「科研費は必要だ」という人はどんどん署名をすれば良いと思いますよ?目的は手段を正当化しない、というのとはちょっと違って、目的のためには手段を選ばない、ということも場合によってはありなのかも知れないので。単に、僕はこの手段には乗れないな、ということであって

やはり、目的に意味があっても(私は今回の科研費の削減に反対する気はありませんが)
やり方で説得出来るものではないと、達成は出来ない。

それ以上に、署名運動を行うにしても
この署名サイトを使うというやり方がよかったのかどうか。

もっと集める方法があるのではないかという気もする。

それ以上に、いま本当に署名運動って力があるんだろうか?
街でもよく署名運動やっているけど、私の経験では、
いままで参加した署名運動が実った例がない。

署名なんていくらあろうと、その相手を動かすものなのかどうか疑問がある。
そういうことを考えさせられる二つの署名運動だった。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勝間和代氏とマクロ経済学

 勝間和代氏が「まず、デフレを止めよう」と題したプレゼンテーションを行なったことについて池田信夫氏が彼のブログ「池田信夫blog」に、「勝間和代氏のためのマクロ経済学入門」という記事で、「出来の悪い学生の答案みたい」と批判していた。  私は、あまり池田氏の...

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。