スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲ワンダーランドの感想を追加します

当日、メモを書いていたのに掲載し損ないました。
記憶の為に、追記みたいな物です。

関連エントリ
若冲を見に信楽まで行った件その1
若冲を見に信楽まで行った件その2


若冲の水墨画が中心だった。
彩色の精緻な描写も見事だが、水墨画にはユーモラスな省略がある。
リアリズムではなくシュールリアリズムの趣がある。

象と鯨は圧巻。
六曲一双の大きさがあって生きる絵だと思った。
鯨はたらし込みで立体感があり、象は何とも言えない愛嬌を感じる。
リアルな象よりも象らしい。存在感が描かれている。

若冲の絵はリアルではなく、
あくまでその対象が持つ存在感を描いているのではないかと感じる。
精緻な書き込みも大胆な省略も何を書くかのためにある。
そこにある何かでは無く、見るものに感じさせる何か。

その意味で実に現代的な作家なのではないだろうか。
有名なタイル絵も書かれているものでは無く、
書くことその物に付随する何かを書いてあると考えると賦に落ちる。

その場での感想を帰りに書いたメモでした。
思いというのは、書いておかないと忘れますね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

思いというのは…

「書いておかないと忘れ」るのは、確かですね。
(自分で自分の過去記事読んで、「発見」しちゃうこ
 とって、ありますよね(^^;)
私も、書きそびれた感想があったのが気になってい
たのだけど、これを読んで、追記することにしました。
若冲には私も「新しさ」を感じていましたので。
(私は、新エントリにはせず、ちょっと加筆しただけで
すが…(^^;)
いろいろ感謝!

いつもは追記にするのですが

かんちがいさま>ありがとうございます。

いつもは追記にするのですが、結構長いメモだったので、エントリにしました。自分用のつもりだったのですが、コメントありがとうございます。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。