スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワードは高学歴主婦

サイエンスアゴラでいろいろな人と話す機会があったわけですが、

サイエンスコミュニケーションを考える際に、
大学や研究所の構成員が一般社会に対して行う物だけという考えは古いね。

それは「アウトリーチ」という呼び方でさらに活発に行われるべき物。

サイエンスアゴラのサイエンスカフェを考える会のポスター展や、
横串フィールドに寄せられた会員の活動を見てみると、
今、サイエンスカフェや科学夜話、サロンといった名称で行われている物は、
話す人はアカデミーに所属しているプロが主体だけど、
主催者は、大学人だけではなく学生も主婦も店主もいるし、
聞き手はもちろん地域によって様々。

とくに、地域活動として話し手も専門家ではなく(科学の専門家でも話の専門家でもない)
テーマも最先端の科学に付いてではないものが、成果を生みつつあるように思った。

もちろん話し手はただの素人ではなく、科学コミュニケーター養成講座だとか、
プロデューサー養成講座だとか、大学や研究所や博物館が主催する講座を受けたり、
もともと大学で専門課程の勉強をしていて結婚・出産で研究を諦めた人だったり、
素地があって努力したり、意識を持って活動したりしている人ではある。

でも、科学研究の専門家かというと違うといわざるをえない人ががんばっている。
そういう物が増えているように感じた。

つまり、科学コミュニケーションの主役が、アカデミーの中から少し外にずれつつある。
元々そういう機運は感じていたし、そうならないと広がらないと思っていたので、
この動きはとても喜ばしいのではないかと感じた。

さらに、私の持論である「日本の資源は高齢者と高学歴主婦」
というのが実践されているようで嬉しい。

高齢者は、どうも自分の意見を振りかざしにサイエンスカフェや科学イベントに来るので、
若干うっとうしいこともあるのだが、それでもいつまでも勉強する姿勢は素晴らしい。

高学歴主婦については、中でも理系の場合は、自分が理系であることを周囲に隠しつつ、
ママ仲間との小さな世界を守っている場合も多い。

ただでも短大出に比べ理系四大出は「ママ差別」に合いやすいと言われる。
何かといえば「学歴を誇っている」とか「周りをバカにしている」とか
いわれのない中傷を受けやすい。
だから、出自を隠して、くだらない噂話につきあったりしている。

しかし、日本は、知的で向上心が強い高学歴主婦が社会活動を起こさないと変わらない。
それは、少子化対策とか保育待機児童の問題とか、そういう側面では始まっている。

関連エントリ:にっぽん子育て応援団を応援する件

こういう動きに加わっているのは勝間さんのようなスターだけではなく、
びーのーびーの代表の奥山千鶴子さんのような地域活動出身の主婦だったりする。

だから、サイエンスコミュニケーションの世界も
高学歴理系主婦の地域活動という視点で考えてみると、
新たな展開を生むのではないかという気がする。

子どもへの教育の一環としての「科学読み聞かせ」とか、
文系お母さん向けの「家庭の中の科学講座」とか、
そういう活動があり得るなと思った次第。

たとえば、家庭科学総合研究所(カソウケン)というのは、
内田麻理香さんが主婦仲間に家庭の中の科学の話をするところから始まった物。
いまでは、「世界で一番受けたい授業」とか「すいえんさー」などで奇才を発揮している内田さんも、
最初は研究を諦めた高学歴理系主婦だったわけです。

サイエンスアゴラのポスターでも、実際に活動されている
さかさパンダサイエンスプロダクションの読み聞かせ実践とか、
きりん座さんの幼稚園での日食見学とか、
横串会の活動報告のなかでいろいろと拝見することができた。

地域活動の主役として、そして科学コミュニケーションの実践の主役として、
キーワードは高学歴主婦だなあと、改めて思ったわけなのです。

そして、子育て支援団体と科学コミュニケーターを上手くつないでいけば、
新たな地域活動としてのサイエンスカフェとか科学夜話のような物が生まれていくのではないか。

先日ツイッター上でつぶやいたらば、この辺のアイディアに共感してくださるかたがいましたね。

トップダウン的なアウトリーチ活動やアカデミー主導のサイエンスカフェもいいし、
ボトムアップ的な地域活動としての子ども向け科学遊び活動もあっていい。

そんなことを考えたのでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりました

コメント遅くなってすみません。
それから、ご紹介もありがとうございました。
確かに、問題を感じて何か行動を起こしそうな人達、
って雰囲気はありますね。
ただし、どちらかというとコミュニケーション好きな人が中心になり、
おとなしい感じの人はあまり表立った活動はしないし、
しないうちに何だかママ社会の中に取り込まれていってしまう
ようにも見えます。

大学の後輩や友人にも高学歴(修士とか、旧帝大卒とか)主婦が
何人かおりますので、考えを聞いてみたくなりました。
何かおもしろい話が聞けたりまとまったりしたら、
ブログかどこかにアップしたいです。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。