スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望降任制度って、初めて聞いた

北海道新聞のツイッターで知った記事。

校長や教頭、希望降任最多179人 道内1人 08年度 @道新ウェブ
>全国の公立小中高校で、2008年度に校長や教頭ら管理職が自主的に一般教員などに降格する「希望降任制度」を利用したのは前年度比73人増の179人に上り、調査を始めた00年度以降、最多となったことが4日、文部科学省のまとめで分かった。道内での降任は1人だった。

47ニュースにもありました

教頭らの希望降格最多の179人 文科省の08年度調査@47ニュース
>希望降任制度は47都道府県と15政令市の教委が導入、教委により対象職の範囲が異なる。教委別では東京都59人、神奈川県37人、横浜市12人、大阪府11人、鹿児島10人―の順で、大都市圏が多い。

希望降任という制度があること自体を知らなかったので調べてみたらこんな記事が。

課長からヒラに自ら降格も!?
「希望降任制度」人気のワケ@R25.jp

>職員が自ら希望して降格する「希望降任制度」を導入する自治体が増えていて、たとえば、2001年に都道府県として初めて管理職を対象に「希望降任制度」を導入した東京都では、08年4月1日付でこの制度を利用した管理職が3人もいた。なかには課長から4段階も役職が下の主任に自分から降格した人もいたというのだ。

自分から降任を申し出ることができるというのは、いいことのような気がする。
管理職に向いていない人もいるわけだし。
東京都は、学校での希望降任制度の対象を
「校長や教頭を補佐する主幹教諭」というのに広げたり、積極的に活用しているようだ。

R25がいうように会社にあってもいいと思うな。
>もともと昇任制度がある以上、降任制度があっても不思議ではない。のんびり仕事をしたい人にとってはいい制度だが、残念ながら一般企業で希望降任制度を導入している会社はほとんどないという。

会社でそういう事言うと出世から降りたことになるだろうけど、
出世だけじゃなく会社にも居づらいのかな?

では、学校の場合、降任を希望する理由は何だろうか。

>理由は健康上の問題が95人で最も多く、職務上の問題が44人、家族の介護など家庭の事情が40人。文科省は「管理職に負担が集中しない配慮が必要だ」としている。(道新ウェブ)

職務上の問題というのが気になる。
希望ではなくて、辞めて欲しい教員というのもいるよね。

> 一方、児童・生徒に適切に指導できないなどとして教育委員会が「指導力不足」と認定したのは前年度比65人減の306人で、4年連続で減少した。40代が135人で最も多く、50代が110人、30代が46人、20代が15人。道内は道教委の認定が前年度7人から4人に減り、札幌市教委は2年続けてゼロだった。


指導力不足は減っているらしいけど、本当かね。
40代が多いのは、不況期に会社勤めできずに教員になった人が多いからではないかと
にらんでいるのだけど、裏付けはない。

指導力不足の教員を転職させる手はない物だろうか。
きっと、どこでも使い道はないのだろうけど。

同じ文科省の調査では、新人教員の件も調べたらしい。
(文科省のHPでは見つからないんだけどね)

新人教員の不採用、315人 校長など希望降任、179人 過去最多@Yahooニュース
>公立校の教員採用試験に合格しながら、1年間の試用期間後に正式採用とならなかった教員は平成20年度は315人で過去最多となり、そのうち約3割の88人は精神疾患による依願退職だったことが4日、文部科学省の調査で分かった。「自分の指導力に自信を失い、鬱(うつ)につながるケースがある」と文科省。また、校長や副校長、主幹教諭から一般教員などに自ら希望して降任したのは179人で、これも過去最多となった。

1年間の試用期間があるのも知らなかった。
教員のこと知らないなあ。子どもがいないから馴染みがないんだよね。

>正式採用されなかった人数は前年度より14人増加。病気による依願退職は全体で93人で、文科省が今回初めて病気の内訳を調べたところ、精神疾患が約95%を占めた。

でも、試用期間合った方が、お互いのためだと思うね。
病気になっちゃう人もいるし、なったあとに向いてない人もいるし。

>指導力不足の具体例では「個々に応じた学習指導ができない。自分本位で行動し、同僚とのトラブルが絶えない」(中学校、40代女性)、「授業を指導書に従って進めるだけで、生徒の学力向上に関心がない。授業以外で生徒に指導することを避ける」(高校、40代男性)などがあった。

こういう教師に習うのも子どもたちにとっては善し悪しだし。
先生に頼らないようにしようという子どもが出るかもしれないけど、
やはり学力不足になりやすいだろうしね。

教師になりたい人も減っているようだけど、雇用対策として高齢の教師の復職とか、
一般社会人からの受験とか、工夫が欲しいところだと思う。

教育は国の根幹だからね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。