スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日ブログ

昔から、3日天下とか3日坊主とか言いまして、
永く続かないことを「3日」という冠をつけて
申しますが、

まさに、3日ブログ。

更新が滞っておりました。

たまたま、このブログをrssでサーチしている方に
会いまして、
「最近どうしたの」
などとお声をかけていただき、

「一人じゃないんだ」

と感慨にふける今日この頃でございます。
<続きはここから>

ブログに読者を集めるには、内容を絞り込んで
深く書く方がよいという参考意見もあり、
なるべく深く書いていきたいと思うのですが、

根が浅い人間故、議論が深まりませんね。

飽きっぽい、一つの考えが続かない、など
きわめて現代教育にぴったりの思考特性に
育っておりますので、45分単位の授業では
抜群の成績でしたが、1時間半とか、2時間とか
思考の継続を要求される大学のゼミなどは苦手でした。

だらだらと考え続けるのは平気なのですが、
核心を最短時間でつかむのが得意ではないので、
苦労しています。

教育には、現実の生活を反映させた時間が必要で、
それには、短時間で多くのことを覚えたり、成し遂げたり
するような教育だけではなく、長時間一つのことを
考えたり、成し遂げたりすることが必要だと、
自分をみて思います。

10歳までが大事ですよ、こういう性格作りには。
10歳までは、親も周りの大人も意識して観察し、
指導するべきだと思います。
それまでは、子供は、動物の種類としては人間でも
「ヒト」というたぐいで
(「ネコ」とか「イヌ」のように生物種としての表記)

人間として、確立されていないのだから、
「子供も人間だ」として、
すべて同等に扱うのはどうなんでしょうか?

常識を伝える時間なしに、常識通りにふるまえというのは
ルールも教えずにゲームに参加させて、
失敗しても自己責任では、
やくざが賭博で金を巻き上げるようなものではないの?

ルールを教える時間を、子供に与えているのだろうか?
どう見ても、そんな感じではない社会になってませんか?

教えられないまま成体になった(あえて大人と言いたくない)
人間が、もう3世代目くらいですかね。
日本は、戦争に負けて、ルール作りとルール教育を放棄し、
戦争もしない代わりに、
戦争につながるような国益の自主的な判断もしない国に、
なってしまったのではないだろうかと、思います。

60年以上たちますから、生物種としては3世代分の時間が
たったわけです。

もう、ルールそのものがわからない時間ですよ。

1945 年の62年前は、1883年 明治16年です。

まさに、日本が新しいルールを作ろうとしていた頃。
wikipedia によれば
4月 - 文部省が、東大で英語による教授を廃止して日本語を用いる事、ドイツ学術を採用する旨を上申。
7月2日官報が創刊される。
7月28日 - 上野駅開業。
8月3日 - 伊藤博文が憲法調査より帰国。

カール・マルクスが死んだ年だそうです。

ここから、日本は国際的な地位を築き、おごり高ぶり、そして敗れていくわけです。

それだけの時間、日本は経済発展だけに絞ってきました。

そろそろ、新しいルールを作り、共有し、目指すべき道を得る時期なのではないでしょうか。

ただそれは、地球上で人類種を長らえる工夫になっていないと意味はないのですが。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。