スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼君も藍ちゃんもプレーオフで負けた日

日曜日は、結局一日どこにも出かけず家にいた。

朝9時に起き、日曜出勤の妻を見送り、洗濯を始める。
洗濯機を回しつつ、コンビニに朝ご飯を買いに行く。

食パンとグループフルーツジュースとヨーグルトを買う。
何となく物足りないので、グラタンとマカロニサラダを買う。

グラタンをレンジで温め、パンをトースターで焼く。
一人で朝食を食べながら、ブログを読んだり、ツイッターを見たり、
合間に「笑っていいとも増刊号」を見る。

二回目の洗濯機を回しつつ、「ウチクル」を見ながらスポニチを読む。

三回目の洗濯機を回しつつ、NHKで日本オープンを見る。

珍しく石川遼選手がイライラしている。
ドライバーをラフに入れ、セカンドをレイアップにしたのにまたラフに入れ、三打目をバンカーに入れた。
そんな自分に腹が立っていたに違いないバンカーからの第4打。
グリーンまで40ヤードを残した難しいショットのダウンスイングに入った瞬間に
シャッター音がした。
スイングを止め、珍しくいらだった表情を隠さず、自分のももをグーパンチした。

石川遼選手のギャラリーは多い。
しかもゴルフ観戦し慣れていない人が多い。
そのためか、観戦マナーがなっていないことが多い。
それでも、石川選手はギャラリーに感謝をもって接しており、
あまり彼自身がいらつくことはなかった。

その石川選手がいらだちを隠さなかった。
この日の石川選手の状態の悪さ故か、集中しきれなかったためか。

そして、プレーオフに持ち込むも、小田龍一選手に敗れた。
小田選手が第二打を売ったあとの表情を見て解説者は言った。

「非常に澄んだ表情をしていますね」

まさにそんな顔だった。
その一打は、ピン下二メートルに付いた。

この一打が勝敗を決した。
その日の表情が勝敗を決するときがある。

石川選手も宮里藍選手も、驚くべき一打を放つときは、
何とも集中しきった「澄んだ」表情をしている。

この大会では、それが小田龍一選手に出た。
彼は、このあと大きく成長するのではないかと思った。

遼君が負けたので、米をといで炊飯器をセットし、買い物に出かけた。
仕事終わりの妻と合流し、夕飯の材料を買って帰ってきた。

テレビを付けると富士通レディースをやっていた。
こちらもプレーオフになった。宮里藍選手とニッキ-・キャンベル選手だった。

プレーオフは4ホールに及び、一〇メートル以上あるバーディパットを入れて、
キャンベル選手が優勝した。

宮里選手に、この一打が出なかった。

なんだか今日はそんな日なんだなあと思った。
秋晴れの好試合に目が釘付けになって、一日遠くに出かけることなく終わった。
どちらの試合も関東で行われたので見にいった知り合いもいるようだけど、
ゴルフはテレビで見た方がわかるようにも思う。

表情まで見ながら余計なことを考えることができるんだから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。