スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスドク問題は教育問題か研究問題か

タイトルのようにいつも悩む。

両方と言えば両方なのだが、
要は「向いてないやつは早く諦めろ」ということではないのか。

教育問題ならば、大学が考えるべきだし、
研究問題ならば、大学に留まらないアカデミーが考えるべき。
まあ、どちらも高等教育局を筆頭に文科省が考えなければならない問題ではある。

その問題について、大学内からの声が出たことを知った。

博士は募集停止にすべき…衝撃の提言@科学政策ニュースクリップ
>著名な教育学者、潮木氏がいうのだから、説得力がある。こういうことをいう人は多かったが、大学関係者から出たところが大きい。

職業としての大学教授 (中公叢書)職業としての大学教授 (中公叢書)

中央公論新社 2009-10-11
売り上げランキング : 1788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


曰く

>日本の大学教員は我が身を守ることには懸命になるが、その後継者世代をどうやって確保するのかに対しては極めて冷淡で、その結果、博士課程は目下、いまだかつて経験したこともない危機的な状況に陥ってしまった。青春は二度と取り戻せない。ただちに博士課程の募集を一時停止してでも、全国の博士課程を持つ大学を中心に、さらには全大学を含めて、今後の大学教員育成の制度設計を見直す必要がある。

大学教員育成は、小学校から高校までの教員養成とは全く違う仕組みが必要な気もする。
しかし、大学は、研究者としての教授、准教授に教育も任せてしまっている。

大学での授業は、研究のピークを過ぎたベテラン教員に任せて、
若手研究者たる准教授などは研究に専念してはどうか。

欧米の大学では、研究者と教育者は全く別のキャリアとして存在していると聞く。

>学部卒あるいは修士修了の時点で、将来大学教員・研究者としてやっていけろだけの能力とガッツを持った者だけ選び出し、彼ら彼女らに集中的に資金を投入して、次世代の大学教員・研究者を養成する方が、博士号を持ったフリーターを量産するだけの現行大学制度よりもはるかに合理的である。

先のない入り口に大量に放り込んで、出口で無責任に放り出すならば、
それは悪質な勧誘商法であり、詐欺ではないか、という声もある。

「向いてないやつは諦める」ためには、「向いてない」ことを自覚させなければならない。
しかし、研究に向いているかどうかを「自覚」するだけでは、
繊細な人間で本当は我慢すれば研究で成果を出すかもしれないのに辞めてしまう人と、
研究に向いてないのに鈍感なばかりに続けている人ができてしまわないだろうか。

島田紳助は、M-1グランプリを始めた理由を
「10年経っても漫才を続ける才能のない若者に見切りを付けさせるため」と言った。
自己プロデュース力自己プロデュース力

ワニブックス 2009-09-01
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学院は、自分探しの場所ではない。
早く諦めて、自分に向いている物よりも、
自分に与えられた物を全うする人生を歩むべき若者がたくさんいる。

大学教授も、責任を持って,「きみは向いてない」と言うべきではないのか。
その代わり、これをやれというアナザーウェイを持ってだけどね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。