スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラトリアム法案をモラトリアムした方が、いい亀(かも)

亀井大臣の人気が伸びないことが、また亀井ワールドに拍車を掛けそう。

今発売中の日経ビジネス(2009年9月28日号)の「時流潮流」で
閣僚に期待できないワースト1が亀井郵政・金融担当大臣だった。
同じ記事がネットに出ていた。

新政権は期待度58.7%@日経ビジネスオンライン
>閣僚で「期待できる」のは1位が長妻昭厚生労働相(49歳)、2位は前原誠司国土交通相(47歳)。連立与党の党首には厳しい視線が目立つ――。
thumb_270_hyou01.jpg

モラトリアム法案も評判が悪いことは、この間書いたわけです。

鳩だの亀だの、動物園か!(追記有り0928)
>中小企業の資金繰りを心配するのならば、モラトリアムよりも返済資金の貸し付けをお願いしたい。
もしくは、従業員雇用に補助金をうんと付けて、人を雇うと借金が返せるようにしたらどうか。
借金を返さなくてもよいとなると、中小企業のオヤジさんは仕事しなくなるかもしれないから。


この法案については、鳩山さんも認めているらしいことがわかってきましたね。

鳩山由紀夫氏のモラトリアム宣言@池田信夫blog
>総選挙で鳩山由紀夫氏は「返済猶予法案は川内博史氏のアイディアだが、私も応援する」と明言した。これでは亀井氏もいうように、彼を更迭するのは不可能だろう。亀井氏の抱き合い心中で、さっそく内閣総辞職か。

亀井金融相の「徳政令」がマーケットを揺るがす@Newsweek 池田信夫コラム
>モラトリアムというのは戦争などの非常時に行なわれる「徳政令」で、平時に発動した先進国はない。そんなことをしたら、中小企業の当面の資金繰りは楽になるかもしれないが、銀行は新規融資をしなくなり、日本経済は大混乱になるだろう。しかもそれによって銀行経営が苦しくなったら公的資金を注入しろというのだから、90年代の「金融社会主義」の再来だ。

ところが、このモラトリアム法案は、利用者が少ないかもしれないという意見が出てきた。

亀井大臣の「モラトリアム」は実はあんまり使われないんじゃないか?@isologue
>この亀井大臣が提唱するモラトリアム制度は、制度の趣旨に反して、金融機関や中小企業のメリットにするのが難しいとは思いますが、一方で、一部の識者の方が心配されるほど、広範に利用されることもない日本経済に何か大きな影響が出る制度でもないような気もします。

磯崎さんが言うなら、そうかもね、という感じですし、
確かに、こんなの申し込んだら「資金繰り苦しい」と宣言するようなものですから、
恥知らずなJALと違い、賢明な日本のオヤジさんたちは、
てやんでい、そんな施策に乗れるかい! といってくれそうな気もします。

モラトリアム法案そのものを、しばらくモラトリアムして、
実際のユーザーになりそうな世間の意見を聞いてはどうなんでしょうかめ、
いや、亀変、じゃない、かめへん、といってくれそうな気もしますしね。

「私の所には声が届いている」とか気張ってますけど、
銀行からも、中小企業からも人気のない大臣じゃ、本当かどうか。
作ったはいいけど、使われないのじゃしょうがないしね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。