スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩だの亀だの、動物園か!(追記有り0928)

先日書いたエントリ(鳩山政権で、私たちと政府の付き合い方が変わるかも?)にコメントがついた。

このブログは本当にコメントが少ないので、珍しいことだ。

コメントの全文を掲載しよう。

>拝見させていただきました。

若だんなは、議席を減らした国民新党や議席が伸びなかった社民党が、わずか11議席しかとっていないにも係わらず、内閣にとんでもない要求を突きつけている事については如何お考えでしょうか?

特に、亀井など、平成版徳政令を要求しています。こんな法律が出来たら、貸し渋り、貸しはがしがおき、果ては金融不安にもなりかねません。マスコミも事の重大さに気づいていない様です。

私が鳩山なら内閣総辞職で太刀打ちしてでもこの法案は通しません。理由はこれ以上景気を悪化させることは出来ないし、これ以上景気が悪化したら、どうせ鳩山内閣は支持率の低下で倒れるからです。

この法案を亀井が出して以来、僕は更なる景気の悪化の恐怖でノイローゼ気味です。

若だんなさんのこの法案についての意見をお聞かせ願えますか?


この亀井発言には、有識者からも反対が多い。

亀井静香氏を更迭する方法@池田信夫blog
>亀井氏の発言は、閣議の了解もなく個人的な見解をメディアに宣伝する異常なもので、このように閣内不一致をさらしていると政権の指導力が疑われる。首相は小沢氏と協力してまず亀井氏の暴言を封じ、補選で勝てば国民新党を連立から追放すべきだ。

亀井さんは勝手に暴走し、閣議も開かれる前からけんか腰である。

亀井金融・郵政担当相:モラトリアム反対なら更迭してみろ! 「亀井節」過熱@毎日.jp
>亀井静香金融・郵政担当相は27日のテレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予する制度(モラトリアム制度)の導入に連立政権内で慎重論が出ていることについて「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。できっこない。選挙前から合意している話だ」と、改めて実現に意欲を示した。

選挙前から合意している話だと要っているけど、本当なのかな?

亀井金融相のジンバブエ路線 地獄への道は「友愛」で敷き詰められているのか@zopeジャンキー日記
>亀井金融相が1人で暴走しているのではなく、すでに「与党三党の合意事項」だったのか?ここまで自信満々に語っているところを見ると、おそらくそうなのだろう。
亀井金融相だけならまだしも、鳩山首相までこれに賛成しているのだとすれば、経済オンチにもほどがある。こんなことをすれば銀行がカネを貸さなくなることくらい、子供でもわかるのではないか。


と散々である。

コメント主さんも指摘した「貸し渋り、貸しはがし」の話は、モジックスさんも指摘しており、
それゆえに、平成版徳政令は問題だというのである。

だからといって、「景気悪化の恐怖でノイローゼ」になることはないと思うが、
質問が二つあるので、それぞれにお答えしましょう。

(1)国民新党や社民党が内閣にとんでもない要求を突きつけていることをどう思うか?

これについては、民主党がお疲れ様だと思うばかり。
連立を組むということや、与党であると言うことに慣れていない政党との三党協議が
大変なのは当然で、それを「望んだ」民主党が背負うリスクなのだから、
民主党が苦労すればいい。

でも、結局「できないものはできない」でしょう。
民主党のマニフェストを曲げてでも、こちらの言い分を飲めと言わんばかりの社民党については、
私たちは、福島瑞穂党首が大臣として何ができるかを見ているればいい。
そして、大臣として不的確だと思えば(すでにそう思っているけど)
私たち国民が直接民主党に声を上げればいい。

それが自民党との違いなのだから。
自民党は関係団体だの支持母体だのの言うことしか聞かないという態度だった。
でも、民主党は直接声を聞くといっている(今のところはね)。
それが「平成の目安箱」になるかどうかは、私たち次第なのではないだろうか。

議席を減らし、誰も指示していないにもかかわらず連立に参加できた国民新党は、
最初から来年の参議院までの命だと(政党そのものが)思っているので、
無視しておけばいいのにと思いつつも、亀井さんがはりきるのでややこしい。

亀井さんについても同様で、大臣として不的確だと思えば、
そう言う声をネットを使って民主党に直接届ければいい。

これだけの声があったと、カウントできるもの(メールとかFAXとか)があれば、
民主党も「国民の総意」だと言えるでしょう。

コメント主さんは、ノイローゼになる暇があれば行動してはいかがなのでしょうか?
不安になることではなく、不快なものは不快だと言えばいいのです。

自分が発言する機会も、その発言を届けるツールも世の中にはあります。
だから、亀井さんが間違っていると思えば、そう発言し続けましょう。
それが、国民が政治家を監視する社会であり、デモクラシーなのではないでしょうか。

私がコメントをいただいたエントリの中で
>私たちが、政治家の活動に興味を持ち、彼らの政治活動を注目する時が来たのだ。
官僚を排除するのではなく、彼らを「上手く」使っているかどうかを監視するのだ。
気に入らなければ、さっさと意見を変えて、それを政治家に伝えることで、
方向性を変えてもらう。


と書いたのは、そういうデモクラシーを感じるから。
国民主権をネットで実現できるかどうか、そして民主党がそれを受け止める政党なのかどうか、
そこに日本の未来がかかっているのだと思います。

(2)この法案をどう思うか

中小企業の資金繰りを心配するのならば、モラトリアムよりも返済資金の貸し付けをお願いしたい。
もしくは、従業員雇用に補助金をうんと付けて、人を雇うと借金が返せるようにしたらどうか。
借金を返さなくてもよいとなると、中小企業のオヤジさんは仕事しなくなるかもしれないから。
低利に借り換えられるようにしてでも借金は必要。

借金は、貧乏人の努力のガソリンだから。

しょせん、人間は怠け者なんだから、努力目標が必要なのだ。
借金の返済という目標は、中小企業の勢いを生むのだ。
返せないほどの借金は生きる力を削ぐけど、返せると思う程度の借金は生きる力を生む。

国が低利で貸し出すことを含めた借金返済の相談に乗ってあげることでしょうね。
最近、やたらと「借金借り換え」だの「まとめて返済」だのという銀行の宣伝、
さらに、法律事務所の宣伝を電車の中や夜のテレビで見る。

あんなに宣伝しても元が取れると言うことは、儲かるんでしょう、借金借り換えのアドバイスは。
それを民間に任せず、賢いお役人に「無料」でやっていただきたいと思う。
そう言う方向で、いかがでしょうか?

追記
鳩山由紀夫氏のモラトリアム宣言@池田信夫blog
選挙前から鳩山さんが言っているらしい。
困ったなあ。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モラトリアム法案をモラトリアムした方が、いい亀(かも)

亀井大臣の人気が伸びないことが、また亀井ワールドに拍車を掛けそう。 今発売中の日経ビジネス(2009年9月28日号)の「時流潮流」で 閣僚に...

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。