スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党総裁選に興味はないが

野党の党首が誰になろうと知ったこっちゃない。

という、これまでの態度をマスコミは貫いているようで、
スポニチでも紙面での扱いは小さかった。

自民党・小泉JR「ネット住人」の声“代読”@スポニチアネックス
>自民党総裁選(28日投開票)に出馬した西村康稔前外務政務官(46)、河野太郎元法務副大臣(46)、谷垣禎一元財務相(64)の3候補は24日、都内の党本部で開かれた公開討論会に出席した。

総裁選の記事なのに、総裁選に出馬している人ではなく、
唯一の20代新人議員の名前がタイトルという滑稽さ。

さらに滑稽なのがその討論内容なのだけど。

>年金問題についての認識を問われ、谷垣氏は「今回の敗因につながっている。厚労相になった方(長妻昭氏)がコツコツと追及し、自民党というわら人形に五寸くぎを熱心に打って、そのたたりが出てきた」と指摘。

呪いか! 自覚がないというか、なんというか。

>「これを反面教師にし、民主党のアキレス腱を国会で丁寧に追及しなければいけない」と述べた。

まったくわかっていない。
自民党が、そんな「野党染みた事」して、人気が回復するか?

民主党の「足を引っ張る」のではなく、民主党以上に責任ある提案をしないでどうする。
さすがに「党のために身を捨てる」といった人だ。

>討論会は動画サイト「ニコニコ動画」で中継され、閲覧者からの質問を8月の衆院選で初当選した小泉進次郎衆院議員が代読。

民主党が記者クラブに戻したことで風当たりが強くなっていることを意識して、
「公開討論会」にしたつもりなのだろうか。
しかも、この人選の突っ込みどころ満載なことよ。
ニュースになるためなら何でもするといったところなのだろうな。

>質問は「歴代の自民党総裁の中で最も模範としている総裁は誰か?」で、父の小泉純一郎元首相を念頭に「私に対するお気遣いは全く必要ありません」と付け加え、笑いを誘った。

悲しいまでに自虐ネタだ。
与党から野党になるって、残酷だね。

>回答は西村氏が「吉田茂氏と岸信介氏」、河野氏が「私は私の道を切り開く」、谷垣氏が「歴史的には吉田茂氏、直接指導をいただいた方では宮沢喜一氏」。

いま小泉純一郎をあげるわけにはいかないとはいえ、あまりにも古い。
河野太郎も実父とはいえ河野洋平という野党党首をあげるわけにはいかないのだろうな。

西村康稔という人はよく知らないが、岸信介をあげるんだねえ。ふーん。

こういう人たちで、自民党はどうなるんだろうなあ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。