スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山政権で、私たちと政府の付き合い方が変わるかも?

私たちが変えることが前提なのだけどね。

これだけ新政権の閣僚に注目したこともなかったなあと思いつつ、
テレビを見ていると、民主党って結構人材いるなあと思った。
自民党の時に、誰こいつ、とか、明らかにダメそうと思ったのに比べれば、
かなりましな感じがする。

明らかにダメそうなのは、亀井と福島だなあ。

亀井さんは、もうもろに昔の自民党が復活した感がある。
福島さんは、紫の服が似合わない上に、どこにしまってあったんだという感じ。

見た目ですけどね。

日本は再び「大きな政府」路線へ 鳩山「未体験ゾーン」内閣@Zopeジャンキー日記
>亀井氏というのは、まさに古い自民党のバラマキ型を象徴するような政治家だろう。小泉元首相が「自民党をブッ壊す」と言っていた、その自民党だ。

そうなんだよなあ。見るからに「古い」。
自民党がなぜ負けたかは、実は国民新党が今回伸びなかったことと関係があると思う。

その話は置いておいて、

>鳩山内閣に入った国民新党の亀井氏と、社民党の福島瑞穂氏という一見正反対にも見える2人は、実はそれほど遠くないということがわかる。民主党・国民新党・社民党はいずれも、「大きな政府」路線でつながっているのだ。

そこが問題なのだよね。
左派的と言うよりも「国家丸抱え的」な政策という意味では、
社会党も国民新党も同じで、それを民主党がつないでいる。
でも、それでいいのか?

未知との遭遇 @Joe's Labo
>今回の総選挙で、国民新党は勝った訳ではない。
代表と幹事長が揃って落選している点からも明らかなように、彼らの主張が
支持されたわけではないのだ。


その背景には、彼らが「古い」ことを嫌ったという有権者の判断があると思う。
政策のあり方も、有権者のとらえ方も何もかも古い。
メールで送った政党への質問にFAXで答えてくるくらい「古い」。

その「古さ」が頑迷固陋な感じを与えるのだが、頑迷固陋と「ぶれない」が同じだと思っている。
いまは、朝令暮改でいいのだ。

>良い方向にマニフェストを見直す分なら、いくらでもぶれて構わないですよ、鳩山さん。
と城さんが書くとおり、また鳩山さんが会見で言った
> 「多分、いろんな試行錯誤の中で、失敗することもあろうかと思います。是非国民の皆さんにも、ご寛容を願いたいと思っております。なんせまだある意味での未知との遭遇で、経験のない世界に飛び込んでまいります。政治主導、国民主権、真の意味での地域主権の世の中を作り上げていくためにさまざまな試行実験を行ってまいらなければなりません。したがいまして、国民の皆様方が辛抱強く、新しい政権をお育てを願えれば大変幸いに思っております」

という「理系の発言」とTwitter上で指摘があったけども、
正直な言い分を、有権者が受け止めることが必要だと思う。

「ぶれない」ことが正義かもしれないが、それよりも「良きもの」を探して欲しいのだから。

そこは、モジックスさんが良く指摘する「規制脳」ではいけないと思う。
>「規制脳」は「正義脳」といってもよく、経済の動きを無視して、「これが正義だ」という勝手な基準を強制的にゴリ押しする態度である。民主党はこの傾向が強いようで、この点では「古い自民党」よりもさらに悪い。

「純粋まっすぐ君」の良さもあるが、官僚と協働する柔軟さを見せないと、この国が上手く行かない。

だから、やはり鳩山さんが言った
>優秀な官僚のみなさんの国民のためにがんばっていただくものに対して、それをけしからんという術(すべ)は私たちは持ち合わせておりません。しかし、必ずしもそうでないものに対して、基本的に政治家が主導しながらですね、この役所の事業というものを、むしろ政治家が主導して意思決定を行っていくというシステムを作り上げていくと

このスタンスを持ち続けてもらいたい。
なぜならば、今起きているのは自民党政権下での
官僚支配ではなく「政治家の劣化」だったからだ。

デモクラシーのコスト@内田樹の研究室
>省庁を代表して公式な見解を述べるのは行政官ではなくて大臣であるべきだと藤井財務省が気色ばんで言っていた。
それを聴いて、「霞ヶ関支配」といわれる言葉が「行政官の横暴」ではなくむしろ「政治家の劣化」のことを指しているのだなあとしみじみ思った。


政治家が不勉強だから、官僚のレクチャーを受けなければならず、言いなりになってしまう。
大臣になったことに満足し、次の選挙での当選と地元の陳情のことだけを考えていては、
国民のために官庁で何をするかを考えている暇はないのだろう。

それが自民党政権の間に定常化してしまった。
そして、官僚もまた、この国のことを考えていたはずが(官僚たちの夏のようならね)
組織の存続と影響力の拡大と天下り先の確保に奔走するようになった。

その二つがもたれ合い、その間で業界団体がうごめき、ドメスティックな企業が生きながらえる。
それがもう、行き詰まっているのは、今さら言うまでもない。

>日本の官僚たちは、必ずしも有徳ではないが、多くの場合政治家たちよりも有能である。
そして、自分たちが構想した国家ヴィジョンが「民意」に従うよりも国益の増大に資すると判断した場合には、「民意」に抵抗することを厭わない。
何が悲しくて「有能な官僚」が「無能な政治家」や「愚鈍な選挙民」の風下に立たなければならぬのか、と官僚たちは不満げに言うであろう。たしかに理屈に合わない。
だが、それがデモクラシーなのだ。


私たちが、政治家の活動に興味を持ち、彼らの政治活動を注目する時が来たのだ。
官僚を排除するのではなく、彼らを「上手く」使っているかどうかを監視するのだ。
気に入らなければ、さっさと意見を変えて、それを政治家に伝えることで、
方向性を変えてもらう。官僚は方向を切り替えられない。
正しいと決めたことだから、守らなければならないからだ。

内田先生は、この点をとらえて書く。

>官僚の判断が仮に99%ただしくても、1%の誤りを犯すことがある。だが、そのとき彼らは「勝率99%」を理由にして、その1%の誤りを決して認めない。
民衆の判断は多くの場合誤るが、彼らは「何だかこの政策はうまく行っていない」と感じたら、100%の確率で意見を変える。
ビューロクラシーとデモクラシーの差はこの1%の差にしかない。そして、その1%が国家存亡の分岐点になることがあるという経験知が私たちをデモクラシーに導いたのである。


私たちのデモクラシーは、ネットを通じて実現できる。

Twitterで議員に直接つぶやいたり、メールやHPでロビー活動をしたり使ったり、
ネットメディアの取材記事を見て、だだ漏れに対して書き込んだりできる。

それには、記者クラブを廃止して、政府の議論をだだ漏れしてもらわないとね。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳩だの亀だの、動物園か!

先日書いたエントリ(鳩山政権で、私たちと政府の付き合い方が変わるかも?)にコメントがついた。 このブログは本当にコメントが少ないの...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

拝見させていただきました。

若だんなは、議席を減らした国民新党や議席が伸びなかった社民党が、わずか11議席しかとっていないにも係わらず、内閣にとんでもない要求を突きつけている事については如何お考えでしょうか?

特に、亀井など、平成版徳政令を要求しています。こんな法律が出来たら、貸し渋り、貸しはがしがおき、果ては金融不安にもなりかねません。マスコミも事の重大さに気づいていない様です。

私が鳩山なら内閣総辞職で太刀打ちしてでもこの法案は通しません。理由はこれ以上景気を悪化させることは出来ないし、これ以上景気が悪化したら、どうせ鳩山内閣は支持率の低下で倒れるからです。

この法案を亀井が出して以来、僕は更なる景気の悪化の恐怖でノイローゼ気味です。

若だんなさんのこの法案についての意見をお聞かせ願えますか?

それ別に書きます

社民党と国民新党については、書いてませんでいたかね?

書いてもいいです。

絶望的だと思ってます。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。