スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーウォーズの感想、その後

この間、鳩山さんも見に行ってましたね。

「殿堂批判」配慮? 鳩山代表がアニメ映画を観賞@中日新聞
>鳩山民主党代表は9日夜、連立合意後に幸夫人と都内の映画館に出掛け、アニメ映画「サマーウォーズ」を観賞した。

それが「アニメファンへの気配り」かどうかは別として、無難な感想でしたね。
>観賞後、鳩山氏は記者団に、「デジタルの時代になっても、一番大事なことは人間のきずな、愛だなと思った」と語った。

このアニメに文句を言う奴はいないのか?
私は以前書いた通りの感想な訳です。

関連エントリ:サマーウォーズ見てきました(追伸有り:2009.09.2)
>それがどうしても、「またかよ」「そこかよ」となってしまって、
最後まで馴染めませんでした。


追伸で書いたこの方の意見
サマーウォーズ@Investment BAKA
>なのになのに、あの主人公とヒロインの薄っぺらさと厭きれるほどのご都合主義はなんなのでしょうか。ついでに電脳世界はめんどくせぇだけですし。

に続いて、大物が同意見で嬉しい。
夏の終わりのサマーウォーズ(つづき・ネタバレ有)@たけくまメモ
>要するに、旧家のアナログでアナクロな人々が、電脳世界の戦争を最初から理解していて参加する映画の構図に自分は違和感がぬぐえなかったんですね。旧家の人々にも、警官はまだしも自衛官がいたり、おばあちゃんが実は政界の大物とつながっていたり、ちょっと都合がよすぎる展開だとしか思えなかったわけで

この辺は前の記事のコメントの再録。

夏の終わりのサマーウォーズ@たけくまメモ
>繰り返しますが、アニメとしてはすごくよく出来ているんですよ。貞本さんのキャラクターも、スタッフによる作画も、細田監督の演出も最高です。これを見るだけでも、入場料を払う価値があるといえます。

と書いたところ、コメント欄に同意が殺到。

まあ、おおむね同意なのは、まあたけくまさんのブログを読むような人だからだろうけど。

私も同意なのは、
>監督も、たぶん画面が地味になるのをなんとかしたくて、電気屋の親戚が大学に納品するために預かっていたスーパーコンピューターを勝手に持ち込んだりとか、自衛官の家族が基地から独断で電源車を運び込んだり(いいのか?)とか、一所懸命画面を派手にして盛り上げようとするんですけど、やればやるほど滑った感があるんですよ。


まったくですな。あまりにご都合主義がすぎる。

その上で原因を考えていくと
>これは、監督の責任というより、プロデューサーの責任ではないでしょうか。特に今回のように、原作が監督自身の場合、大本の方針に口を挟めるのはプロデューサーしかいないわけですから。しかし今回は監督が原作者で、実質的なプロデューサーも監督なんじゃないでしょうか。

やはり客観性を持って、修正を要求するヒトがいなかったと言うことでしょうか。
その辺が、日本の映画業界の問題なのかなあ。

実は、日本のクリエイティブとかコンテンツ全体の問題なのかもしれませんね。
プロデューサーとか編集者と言う存在の不在がね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。