スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2削減目標25%について思うこと

民主党のマニフェストは「見直し」な訳だけど、
自民党が公言したことや、手がけたことを、一つ一つ(もしくはいちいち)見直しする。

このところ話題なのは、この二酸化炭素の話。

道筋みえぬ民主党の温暖化「25%削減目標」@Nikkei BP Net
> 「2020年までに1990年比25%削減を目指す」。民主党の鳩山由紀夫代表は7日、東京で開催されたシンポジウムで、国連気候変動枠組み条約事務局のイボ・デブア事務局長やIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長を前に表明した。「IPCCの結論を踏まえ、先進国は、率先して中期的、長期的な排出削減に努める必要がある。温暖化を止めるために科学が要請する水準に基づく中期目標」と鳩山代表は説明する。

日経BPは、これに「道筋を示せ」と迫る。

電事連会長 温室ガス25%削減言及 国際公約化へ強い警戒感@sankei buisiness I
>電気事業連合会(電事連)の森詳介会長(関西電力社長)は11日の記者会見で、民主党が掲げる温室効果ガス排出量を2020年に1990年比で25%削減するとの目標について「厳しい目標だ。将来にわたって国民生活や産業に大きな影響を及ぼすもので、実現可能性などを踏まえた上で国民の理解を得る必要がある」と述べ、強い警戒を示した。

どうせやるのは、ウチらなんだから、話も聞かずにいわないでくれよ。
と、電事連他企業はみんな思っている。

でも、海外からの評価は高い。

(9/7)鳩山代表の温暖化ガス25%削減表明 欧州「歓迎」、中国は警戒@Nikkei Net
>12月に第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)が開かれるデンマークのヘデゴー気候変動・エネルギー相は「野心的な目標だ」と高く評価。「日本の次期政権の力強い指導力」によって今後の国際交渉に弾みがつくとみている。欧州連合(EU)は先進国全体で90年比30%削減が必要と主張している。欧州委員会は「日本の新政策はEUと同じ方向に進む」として、日本と連携を強める構えだ。

中国は排出量取引のこととかいろいろ考えて、どうするんだろうと思っている。

共産党は協力するのにね。

温室ガス「25%削減」で一致=鳩山氏と志位氏が会談@Jiji.com
>民主党の鳩山由紀夫代表と共産党の志位和夫委員長は10日午後、国会内で会談し、「温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する」との目標達成に向け、協力していくことで一致した。
 志位氏は、鳩山氏が表明した「25%削減」の目標について「歓迎する。実現に向けて協力したい」と述べた。これに対し、鳩山氏は「乗り越えるべき課題があり、協力して取り組みたい」と応じた。


理系出身どうし、意見が合うのかな。

環境の側面から考えれば、当然プラス評価になる。

日本が変わる:温室効果ガス削減、高い目標(その1) 「次世代に対する責務」@マイECO
>麻生内閣が6月に「05年比15%減」を発表した時、「もっと野心的なものを期待していた」(潘基文(バンギムン)・国連事務総長)などと冷ややかな反応が多かったのとは対照的だ。民主党の福山哲郎政調会長代理は「日本がこれだけ称賛されたのを見たことがない」と手応えを語る。二酸化炭素(CO2)をはじめとした温室効果ガスの削減目標の設定には、常に経済界からブレーキがかかってきた。高い目標を掲げると企業や家計への負担増は避けられない。麻生内閣の目標ですら、国内経済界には慎重意見が根強かった。

この「目標」に対する日本学術会議のコメントを探したけど無いようだ。

残念だなあ。さっそく科学政策を精査して、コメントするくらいのことはして欲しい。
NPOサイコムは、現場で忙しい人たちが科学政策の検証に励んでいるのに、
偉いさんは何をしているのだろうか。

まあ、それはさておき。

私は(やっと自分の意見だ)、この「数値目標」は大きな効果があると思う。
すでに、こうして話題になるだけでも大きい。
しかも、みんなが「どうやったらできるんだ?」と思うところが重要。

今の産業界が、二酸化炭素排出削減に大変な努力をしていることは認める。
しかし、その努力の延長線上では、大きな変革は起きない。

思い切った発想の転換、視点の変化、取り組みの抜本的改革、意識革命などなど、
が「環境問題の解決」という大前提の達成には必要な時期に来ていると思うからだ。

積み上げ算でできるような「削減」ではなく、全く新しい発想で組み立て直す社会作りが、
「二酸化炭素が温暖化の犯人ではなくても」必要なのではないか。

温暖化の犯人捜しをしたがる人は、「二酸化炭素は悪くない」とか言うけど、
そういうことではなくて、二酸化炭素排出削減は、
今までの暮らしを見直すのに最適なアドバルーンになっていることを考えなければならない。
そこに見えてくるのは、石油依存社会(炭素依存型というかな)からの脱却なのだ。

そして、それは今の暮らしを見つめ直しても見えてこないのではないか。
だから、一見無茶に聞こえる「25%削減」というアドバルーンを掲げ、
そこから政治家がおりない、役人の落としどころなどにめげないで、
押し通すことが必要なのだと思う。
そう言う無茶な目標があれば、日本の技術者は、何とか実現してしまうのだから。

マスキー法案以降、なんども「自動車産業が破綻する」と言われる目標が掲げられ、
そのたびに技術者はエンジンを革新してきた。
その力を信じたい。

それには、旗を掲げた人がひるまない、日和らないことが、何より重要だ。
それを鳩山民主党に、いや、鳩山政権に期待するというか要望する。

民主党が経済団体の「陳情」に日和っても、
鳩山政権が日和らなければ、官僚は実現に向けて産業界を「指導」するだろう。
そして、そこに新たな政権の方向性が見えて、
その方向性に沿って政界再編が起これば「わかりやすい」二大政党制ができるのではないか。

「環境と経済の両立を目指す政治」と「経済成長と企業を守る政治」の二方向だ。
麻生自民党は、後者だった。
では、鳩山民主党はどうなるのか。
さらに、自民党の中の前者があり、民主党の中の後者もある。
まあ、「経済はどうでもいいから庶民の暮らしだ」という政治もあるだろうけど、
それは、近視眼的すぎて、国家運営には適していない。

今回の「25%削減」という目標は、企業再生の手法で使われる
「無理に見える数字を目標にして、体質改善を図る」というのに近いと私は思う。

日本は、そして日本国民は「体質改善」を求められているのだ。
そのときに、5キロやせましょうではなく、25キロやせるにはどうすればよいかを考えると、
生活を全く変えなければならないことになる。

そう言う変化を求められているのだと理解したらば、この数字の持つ意味が見えてこないだろうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。