スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫小牧初のベンチャー企業:ZEN

高校の同窓生と地元で飲んだ夜。
不思議な出会いがあった。

苫小牧市の繁華街(なので、今は結構寂れている)一条銀座を路地に入ったところに、
秋田郷土料理の店「おばこ」がある。

この店は高校の同級生がやっている店なので、仲間が集まった。
その奥で、なにやら盛り上がっている宴席がある。

主役は、高校の後輩になるらしい。
私の仲間の一人が、トイレに立ったその主役を呼び止める。
なんの宴席か尋ねると、世界に向けたベンチャーを始めたと言う。

それが、苫小牧初のベンチャー企業(自称)「ZEN」だった。

ホームページによれば
>株式会社Zenは、健康消臭パネルを進化・発展させ、全道・全国・世界に向け、ココチ良い室内環境づくりを提案する、苫小牧初のベンチャー企業を目指しています。 そしてその製品は国際特許(申請中)・公的機関の分析に裏打ちされた、正真正銘の骨太商品です。

主力商品は、炭を超えた「スーパーカーボン」=ZENAC(ゼナック)

特殊加工で、炭の多孔質性を数倍に高めて、
炭の特徴である、調湿性や化学物質の吸着性を格段に改善したという。
(特徴については、こちら

このホームページでは、それをどう囲うし、何に使えるかが説明されていないのでわかりにくいが、
仕様事例で見ると合板に挟み込んでパネル化し、内装材や建具の材料にしているらしい。

炭を使った調湿剤や吸着剤、脱臭剤はたくさん実用化されているが、
炭そのものを使うと、加工が限られていることから、応用が利かなかった。

しかし、ゼナックは、細かい微粒子を袋詰めしたもので、それを加工に用いるので
(こういうところは、当日、社長から直接聞いた話なので、ホームページに載ってない)
広く応用が利くらしい。

社長が熱く語るのを聞いていたのだが、良く聞くと科学的に間違った説明もあり、
ホームページの検証例は真っ当な検査機関のものだから信用できそうだが、
解説文章が微妙に科学的に正しい感じがない。

こういうところが、地方の制作会社の人材(コピーライターとかデザイナーとか)における
限界かもしれないが、もう少ししっかりとした文章で、説明が欲しい。

あと、早く英語でホームページを作ることですね。
これはアメリカで十分な市場があると思います。
シックハウスの問題とか、間伐材の再利用とか、制作委託を障害者施設にしているとか、
いい話題がたくさん入っているプロジェクトなのに、広報が甘いね。

まあ、そう言うところを乗り越えて(大手代理店や商社にだまされずに)
世界に羽ばたいて欲しいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。