スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーウォーズ見てきました(追伸有り:2009.09.2)

多くのアルファブロガーさんが「絶賛」する『サマーウォーズ』。

夏休み最後の日にバルト9に見に行ってきました。

Epoch is made - エポック・メイキング - 映画評 - サマーウォーズ@404 Blog Not Found
>本作を観ずにして、この夏は終わらない。

サマーウォーズを観てきた@たつをのチェンジログ
>「こんなゆるいセキュリティはありえない」みたいに、今我々が生きているリアル世界の話を持ち出して細かいことをうだうだ言うと「うざい人認定」されてモテないでしょうね

この夏『サマーウォーズ』という映画に会えたという幸運と必然@みたいもん!
>私は映画はポップコーンとコーラをお供に見る方なのですが、ポップコーンは予告編までに食べ尽くしてしまったせいもありますが、気づけばスタッフロールが流れるまで、コーラを手に取ることはありませんでした。それほど、この映画の映像と音楽と演出とストーリーに無我夢中だったわけです。

映画「サマーウォーズ@www.さとなお.com
>結論から言う。「すぐ観に行け!」である。DVD化を待つことすら許さん。いますぐ行くべし!

サマーウォーズ観ました@tracks
>それでね、もぅこれは、見たほうがいいと思うんです。
単なる娯楽アニメ映画とは違います。


非連続に思える未来へだって、いつのまにかたどり着いている@NED-WLT
>テーマとなっているのは近未来のインターネット上の仮想空間で、未来予想図の理解のためにも観ておくべき映画です。正確にはこの作品は予想や予言ではなくて、『2001年宇宙の旅』のように、今後の技術発展の方向を示してしまうような「リーダーシップ性」のあるものです。

史上最高か@iGirl
>私の中で「観終わって気分がいい映画」部門で史上最高をマークしました!!おめでとう!おめでとう!

サマーウォーズ@「コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ(笑)」社長のブログ
>「今年の夏は不作だったなぁ」と思っていたのだけれど、昨日、アマルフィとどっちを観ようかと迷って、時間の都合で選択しなかった「サマーウォーズ」をリベンジしたら、これが掘り出し物で驚いた。世の中では評判ですか?そうですか。久しぶりの☆3つ

もういいですか、そうですか。
どんだけブログ見てるんだという感じですが。
今、123件をフィードしてますね。

で、私の結論ですが、確かに「よく出来た脚本」だし、
アニメとして3Dにする意義があるし、
キャラクターも、仮想空間も素晴らしい。
アニメと実写に分けてはどうかという意見もあったけど、
全体がアニメでなければ描けない感情を表現していた。

この夏見るべき映画だと思う。
だけどね、だけどね.どうしても「突っ込みどころ」が多くて。

いくら大家族で親戚が多いとしても、
登場人物が重要な役割を果たす為の役職といい、能力といい、陣内家「すごすぎる」。
世界との戦いが「ある家族」で始まり完結していると言うご都合主義は、
まるで(よく批判される)三谷幸喜の芝居(もしくはテレビ)の脚本のようです。

AIを作ったのは、山を勝手に売って出ていった妾の子供だった侘助おじさん。
仮想空間で一番強い格闘ゲームの天才が引きこもり気味のいとこ。
自衛隊の表に出られないような(言えないような)役職のおじさん。
大学に納品するはずのスパコンを預かっている電気屋のおじさん。
新潟から2時間で長野の山の中まで船を運んでくる太極拳の強い分家のおじさん。
甲子園の決勝まで進むいとこ。
まあ、それぞれ地方で「役に立つ」ことをおばあさんから言われてきたんだとしても、
そう都合よく「一家」にそろっていてどうするのかなあ。

おばあさんの人脈がすごいのは本家だし、昔からの仲と言うことで許してもいいけど、
「夏希先輩」の家系にどんだけ「すごい才能」「すごい地位」の人間が集まっているのか!

それがどうしても、「またかよ」「そこかよ」となってしまって、
最後まで馴染めませんでした。

栄おばあさんの遺書で
「おなかがすいていることと、一人でいることが一番良くない」
というような台詞が出てきて、本当にそうだなと思ったり、
母方の実家ではトマトやキュウリを作っている農家で大家族でしたから、
上には逆らえない感じとか、無駄に広い家の感じとか、
共感は出来ますが、蝉が物足りなかったなとか、
最終的に、人工衛星が落下しても近所の人に迷惑がかからないほど広い土地なんだとか。

ちょっと笑っちゃいました。
あまりにブログで意見を読んでから行くと、
感動できなくなるのかもしれませン。

でも、見ておくといいと思います。

人はやっぱり「手をつなぐ」ことで救われる「奇跡のような存在」なのだ。
というようなことをエンディングソングを聞きながら考えてしまいます。

「サマーウォーズ」公式サイト

サマーウォーズ公式ブログ

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラックサマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック
松本晃彦

バップ 2009-07-29
売り上げランキング : 76

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サマーウォーズ 公式ガイドブック  SUMMER DAYS MEMORYサマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY
ニュータイプ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-29
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-25
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



追伸
感想としては、この人の意見におおむね賛成です。
サマーウォーズ@Investment BAKA
>ついでに言うとワビスケの描写も物足りないと思いました。テーマとなる「大家族のつながり」的な概念に対し、「家を出たワビスケ」と「離れたところでPCを触っているカズマ」は、その「大家族のつながり」が持つネガティブさを象徴してるはずなのに、そのあたりの描写が一切ないのです。そのネガティブさを描き、でも「つながり」的なものも捨てたもんじゃなくね?などといった表現にするべきじゃないかなぁ。
(あと細かいところだけれど、ワビスケの「俺は開発しただけで関係ねー」というテーマは結局ぜんぜん回収されてなくない?)

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘイローウォーズ

ヘイローウォーズの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ヘイローウォーズ」へ!

サマーウォーズの感想、その後

この間、鳩山さんも見に行ってましたね。 「殿堂批判」配慮? 鳩山代表がアニメ映画を観賞@中日新聞 >鳩山民主党代表は9日夜、連立合...

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。