fc2ブログ

茂木健一郎さんにインタビューして思ったこと

昨日、仕事で、脳科学者の茂木健一郎さんにインタビューしました。

茂木さんは、もちろん皆さんご存知の脳科学者なのだけど、クラシック音楽もとても好きで、学生の頃からコンサートにずいぶん行っているとの事。音楽に関する共著「音楽を「考える」 (ちくまプリマー新書 58)」もあるくらいなのです。

一方、東京国際フォーラムは、毎年ゴールデンウィークに、クラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(LFJ)」を開催していて、第4回目の今年は「シューベルトとウィーン」をテーマにしています。そして、今年は、アンバサダー〈応援団のようなもの〉にクラシック好きの茂木さんを迎えたのです。

昨日は、公式記者会見がありまして、その前の食事時間を利用して、広報誌のLFJ特集号用に巻頭インタビューを行ったんですが、そのインタビュワーが私というわけ。

茂木さんは、昨年「すべては音楽から生まれる (PHP新書 497)」というLFJ公式本も出していて、その中で、ラ・フォル・ジュルネのアーティスティック・プロデューサーであるルネ・マルタン氏と対談もしています。その中もなかなか刺激的なので、是非読んで頂きたいのですが、今回のインタビューでも、名言が続々飛び出しました。

「脳は、1000億のシナプスがシンフォニーを奏でているんです」とか、

「あらゆることが音楽なんですね。この茶碗の並び方も音楽だし、部屋の空調の音も音楽だと思うと、あるときから僕はすごく気が楽になったんですね」とか、

詳しくは、4月1日発行の、広報誌〈無料〉を東京国際フォーラム館内でゲットして頂きたい。

でも、私が感心したのは、茂木さんが、本当に、当意即妙に、自分の言葉で、質問に答えること。
知識が豊富なのももちろんだけど、ちょっとした経験を自分の言葉に置き換えるのが本当にうまい。
さらに、質問内容を理解して、相手の望んでいるだろう言葉をつむぎだすのも的確。

話は広がるのだけど、決して飛んでいかない。

こういう人を頭のいい人というのだろう。

いや、

頭の使い方の巧みな人というのだろう。

[茂木健一郎 監修]すべては音楽から生まれる(1)脳とクラシック
[茂木健一郎 監修]すべては音楽から生まれる(2)脳とシューベルト
[茂木健一郎 監修]すべては音楽から生まれる(3)脳とモーツァルト

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「茂木健一郎」についての最新ブログのリンク集

茂木健一郎 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ