スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大学の施設は誰のもの?

もちろん、国民のものでしょうけど、
国立大学の教員および研究者のものなのか、学生のものなのか、国家のものなのか。

【2009年8月6日 一層の努力求められた国立大学法人等の施設整備 】@サイエンスポータルレビュー
>国立大学法人などの施設整備計画の進み具合と今後のあり方を検討している文部科学省の調査研究協力者会議が、国際的にも魅力があり、地球環境保全のモデルにもなるような知の拠点として施設整備に一層の公財政措置が必要とする中間まとめ を公表した。

中間まとめのPDFはこちら

>「今後の国立大学法人等施設の整備充実に関する調査研究協力者会議」(主査・木村 孟・元東京工業大学学長)が公表した中間まとめは、5カ年計画の整備目標である540万平方メートルのうち、約3割にあたる141万平方メートルが未整備で、さらに安全上・機能上問題を抱える老朽施設が、今年度末でなお全体の施設の4分の1に当たる約650万平方メートルある、としている。

ところで、この中間まとめは、誰に向けて意見を言っているんでしょうかね?

長いけど、目次を見ると、全体像を提示してくれているのだけど、
要するに、どうしたいわけ?

目 次
1.国立大学法人等の使命・役割 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
2.国立大学法人等施設の役割 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
1.法人化以降の施設整備 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
2.第2次国立大学等施設緊急整備5か年計画の検証 ・・・・・・・・・・・ 4
(1)重点的整備の状況
(2)システム改革の状況
3.国立大学法人等施設を取り巻く現状と課題 ・・・・・・・・・・・・・・12
(1)老朽化の状況
(2)狭隘化の状況
(3)病院再生整備の状況
(4)地球環境問題への対応
(5)政策的な課題、社会的な要請への対応
(6)財政上の課題
(7)諸外国の状況
1.今後の国立大学法人等施設の目指すべき姿 ・・・・・・・・・・・・・・21
(1)教育機能の発展
(2)研究機能の発展
(3)産学官連携の強化
(4)地域貢献の推進
(5)国際化の推進
(6)地球環境問題への貢献
(7)キャンパス環境の充実
2.施設整備における国と国立大学法人等の役割 ・・・・・・・・・・・・・25
(1)国の役割
(2)国立大学法人等の役割
第1章 国立大学法人等施設の果たす役割
はじめに
第2章 国立大学法人等施設の整備状況
第3章 今後の国立大学法人等施設整備の在り方
1.計画的な施設整備の推進 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27
(1)長期的視点に立ったキャンパス環境の整備
(2)効果的・効率的な整備による価値の向上
(3)PDCAサイクルに基づく施設マネジメントの推進
(4)多様な財源を活用した戦略的整備の推進
(5)戦略的マネジメントに必要な人材の育成
2.重点的な施設整備の推進 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
(1)長期的な整備目標
(2)重点的に整備すべき施設
(3)重点的な整備を進めるための実施方策
・・・・・・・・・・・34
(1)第2次5か年計画における目標の達成
(2)今後の施設整備に対する公財政措置の確保
1.科学技術基本計画(抜粋)(平成18年3月28日閣議決定) ・・・・・37
2.第2次国立大学等施設緊急整備5か年計画(平成18年4月18日) ・38
3.関連データ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40
4.国立大学法人等施設整備を進めるにあたり配慮が必要な
主な答申・報告等 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50
5.諸外国における大学キャンパス整備に関する主な動向 ・・・・・・・・56
6.国立大学法人等施設の整備に係る費用について(試算) ・・・・・・・58
7.国立大学法人等の老朽施設の推計(附属病院を除く) ・・・・・・・・61
1.中間まとめ(概要) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
2.附属資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・65


>高度化・多様化する教育ニーズに対応するとともに、国内外の優秀な研究者や先端的な研究設備などが集積できる環境を確保し、さらに産業界とも連携し、地域社会の核となる、など今後の国立大学などの施設整備のあり方を示した。


国立大学の状況から始まって、こうするべきだという提言もいいけど、
誰が実現するのかが、今ひとつピンと来ない。

レビューでは、この点をこうまとめている。
>このために国に対しては、必要な施設整備についての財源の確保に努めることを、国立大学法人等に対しては、入札、契約手続きで施設整備事業の競争性、透明性を確保するとともに、施設整備による教育研究などへの効果・成果について、国民に対する積極的な情報提供、理解促進を図る努力を求めている。

要はみんなでちゃんとしろと言ってるわけだ。

中間まとめは、最後にこう締めている。
>国及び各国立大学法人等は、国立大学法人等施設整備に対する投資の必要性や投資効果等について、国民や大学関係者等に対して明確なメッセージを発すること等により、国民的な議論を喚起し、国立大学法人等施設の整備充実につなげていくことが必要である。

国立法人への投資が必要だけど、
国民が認めてないから金が出せないと言わんばかりだが、
その側面はあるかもしれない。

あと、OBが建物の改修に対して
「ノスタルジック」な抗議をするという面もあるが、
その辺は触れられていない。

K_Tachibanaさんが、コメントを寄せているように
>これまで、国立大学法人等の施設整備に関しては、補正予算を当てにしすぎてきたのではないでしょうか?

これは、補正予算を当てにしたのか、
本予算で全く触れられてないことになれすぎたのか。
まあ、両方だろうけど、
当たり前のように補正予算に盛り込まれてきたことがおかしいともいえる。

本来、本予算で賄うべきことが、ゼロシーリングとやらで盛り込まれず、
補正予算で大盤振る舞いになるという矛盾を根本的に考える時期だと思う。
さらに、新規の建築は予算が通りやすく、
補修・改修のためのランニングコストを考えないという
年度で予算を考える体質も改めなければならないだろう。

>いかに効率的な予算配分で施設の維持・更新(必ずしも建て替えとは限らない)に努めているのか、明確にすべきだと思います。

施設の維持・更新に予算が振り分けられていないから、
効率的な予算配分など、そもそもできていないのですが、
こうした意見に耳を傾ける姿勢は重要だと思う。

それにしても、この中間まとめは、誰に向けての「まとめ」で、
誰が実行してくれるのかが、やっぱりわからない。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【話題】国立大学法人等の施設整備に関する疑問

新宿の若だんなさんが,サイエンスポータルの記事を引用しながら言及されてます! > この中間まとめは、誰に向けて意見を言っているんでしょうかね? 文科省に向けてじゃないでしょうか??? タックスペイヤーに向けてではないところが問題なのでは? 国立大学の施設

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。