スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

poor man's parのすすめ

ゴルフをしない方、ゴルフをあまり知らない方でも、
昨日あたりの宮里藍ちゃんの米ツアーでの初優勝(会場はフランスだけどね)には
お喜びの方も多いのではないでしょうか。

なぜ、あれだけ宮里藍ちゃんが多くの方から愛されるのか。
それはそれで興味のある話題ですが、今日はそんな話ではなく、
今朝思いついた話題。

ゴルフでは、そのコースの基準打数、18ホールの合計基準打数が決められていて、
だいたい72なんですね。

4打で終わると基準打数である場合をパー4と呼び、10ホール設定
5打が基準打数の場合がパー5で、4ホール、3だが基準打数だとパー3で、4ホール。
計18ホールが1セット(9ホールずつ前半後半に分けてプレーするのが通常)
で、パー72となるわけ。

これを何で、と言い出すとややこしいので割愛しますが、
このパー72という基準打数に対して、いくつオーバーしたか、いくつアンダーしたかを
一喜一憂しているのがゴルフというゲームなのです。

このパーについて、球聖と呼ばれたボビー・ジョーンズという人が、
(マスターズという大会を作った人でもあります)
著書の中で、
”ゴルフとは、誰かに勝つためのスポーツではなく、
各ホールのパー、言い換えれば自分自身との闘いである。”
といい、オールドマンパー(パーおじさん)という架空の人物を設定して、
その人との戦いなのだ、と言ったことから、
ゴルフは、オールドマンパーとのゲームなのだという言い方がされます。

まあ一人でお遍路さんをしても同行二人のようなものです(違うか)

しかし、私のようなダッファー(地面ばっかり打っているような下手の人)には、
パーおじさんは手強すぎます。そうすると、心が続かなくて、途中からいい加減になりがち。

そこで、プアマンズパー(負け組パーおじさん)を設定して、その人との戦いにしてはどうかと。

パー4のホールの基準打数を6打とする。→6×10ホール
パー3の基準打数は、4打。パー5の基準打数は、6打と考える。→4×4+6×4

そうすると、18ホールでちょうど100になるんですね。
パー100となれば、がんばれば届きそうじゃないですか。

自分なりのパーおじさんを作って、見えないパーおじさんに挑む。
そうすると下手なりにゴルフの精神で最後まで回れそうな気がしてきませんか?

まあ、こんなことは、いろんな人が言っていることでもあるのですが、
パー100というよりも、プアマンズ・パー(負け組パーおじさん)と言ってみると楽しいかも。

そんなことを考えながら汗だくで通勤していたのでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。