スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党対自民党じゃないかもしれませんね

東国原知事の自民党への要求については、
以前私なりの考えを書いた。

東国原知事と自民党に「言葉の力」の違いを感じる
>「総裁候補にする覚悟」とは、それだけ強烈なメッセージであり、
踏み絵のような役割を果たしてしまった感がある。
この言葉と東国原知事への反応で、その人の感性と知性を測ってはどうだろうか。


まさにこの状況になってきていると思う。
自民党内で、まったくわかって無い層と、理解しようとしている層がある。
さらに、民主党は、東国原さんの意見を「自民党とセット」にしようとしている。
それは得策なのか?

ガチンコ@そのまんま日記
>与党に働きかけることによって野党のマニフェストの精度も本気度も上がる。両党が切磋琢磨し、善政競争が起き、政権選択選挙へ繋げることが民主主義の質の向上になるし、延いては国民や県民のためになる。

反応をあらかじめイメージした上で仕掛けているクレバーさ。
その東国原さんの「仕掛け」に両党は気づいているのか、いないのか、無視しているのか。

>と、思っていたら、今日の読売新聞にこういう記事が載っていた。
 民主党の藤井最高顧問(大蔵省OB・元大蔵相)が、常任幹事会で、財源を論じる若手に「財源にはそこまで触れなくていいんだ。どうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか・・・・・・」、これが事実なら、とんでもないことである。


読売新聞が何を意図して、こういう記事を載せたかも気になるが、
こういう発言を読むと民主党の上の方は所詮自民党なのだなと思う。

民主党になってから民主党に入り、民主党から立候補した民主党議員と、
元自民党だったり元社会党だったり、
遡って元日本新党だったり、元新進党だったりする民主党議員。

これ分けて考えないといけないかもしれない。
とくに元自民党政権下にいたことのある人は徹底的に遅れている。

民主党と自民党の対抗構図で、政権交代だけがクローズアップされるけど、
ここは、東国原知事他の「地方対中央」の構図や、
このところ実は見え隠れしている「若者対老人」の構図で、
選挙を考えなければいけない所に、本当に来ているのだと思う。

そのときに、マスコミの意見は封鎖しないと危ない。
彼らこそが、旧来の対立の構図の中に嵌っているし、
旧弊で、中央で、老人だからだ。
それが、新聞であり週刊誌でありテレビだ。

>今回の一連の自民党さんとの折衝を「出来レース」とか「最初からシナリオがあった」とか、「メディアの注目を集めるため」とか、信じられない論評をする評論家やマスコミが一部にいる。
 「ふざけるな!」と言いたい。今までは、そういうことが日常茶飯事だったかも知れないが、僕は違う。こっちは自分の人生を賭してガチンコでやっている。それは、自民党・古賀選対委員長にしても同じことだと思う。だから、党内外で賛否両論になっているのだ。
 想像力や構想力の乏しい人間達の邪推や詮索など止めて頂きたい。事実は小説より奇なり。マスコミには、事実を事実として報道して頂ければそれでいい。
 また、皆様には、次号「新潮45」を読んで頂けると、僕の真意がより伝わると思う。


あえて最後の部分をまとめてペーストした。
どう思うかは、あなた次第。

そして、原文に当たることがすぐ出来る時代なのだから、
私の駄文よりも、原文を見てほしい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東国原知事は何がやりたいのかよくわかりませんね。
宮崎に親戚がいますが半分あきれてました。
それでもまだ結構人気はあるようですが・・・

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。