スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都に行くと考えること

東京と違うことはもちろんなのだけど、
なぜ、京都に首都が長くあったのかと言うこと。

暑いし、狭いし、なぜなんだろう。

でも、それは、狭いからなんだろうな。
山と川と空と。
世界をつかんでいる実感があるのだろうな。

東京は、広すぎて(正確には関東平野が広すぎて)
つかめない。

それが、東京が世界とつながっている理由。
京都では、世界をイメージできない。
でも、人類に必要な自然をイメージできる。

風水とか中国のまねとか、いろいろあるけど、
自然が近くて、人工との融合具合がちょうど良い感じがある。
それが、京都の良さのように思える。

ハテナは、どう思っているか知らないけど、
暮らすにはちょうど良い大きさで、
人間としてイメージがわきやすい気がするけれども
世界が浮かばないようにも思う。

まあ、それでいいんだろうけど。

そんなこと。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

京都に通っていても,実際に住んでいるのは滋賀だったり大阪だったりします.iPS細胞研究の山中さんでも,住まいは大阪府下ですし.

親戚にも何人か京都人がいるので感じてきたことですが,生粋の京都人は閉鎖的だし,住むにしては物価が高いし.

京都で勤めたいと思って京都の会社に就職したいとこたちも,結局勤務地は滋賀だったり東京だったりするので,学生さんと高齢者しか残らない(残れない)と思います.

京都を変えたのは外の人

京都の中の人は、保守的で、外に会わせたくないんでしょうね。

京都を京都たらしめてきたのは、必ず京都に憧れた外の人だと言う歴史がありますからね。

京都の企業がユニークだと言っても、京都出身の社長は少ないし。

難しいなあ
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。