スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスドクのマイナス価値は480万円なのか?

ついに始まりましたね。持参金付き販売。

これには、いち早く反応してきたわけですが、昨日の発表で多くの方が疑問を投げかけてます。

関連エントリ:100人のポスドクに5億円

このエントリ書いたの5月10日ですね。

で、昨日の新聞記事がこちら。

ポスドク採用で480万円支給 文科省、企業の募集開始@asahi.com
>大学や研究機関の「ポスドク」と呼ばれる任期付き博士研究者(ポストドクター)を採用した企業に、1人あたり480万円支給――。科学技術振興機構が29日、対象企業の募集を始めた。不安定な立場のポスドクの就職を促すための緊急措置だ。

ポスドクの就職には持参金を付けますという感覚がよくわからない。

>企業側が出したポスドクの研究計画をもとに審査を行い、採用時点で480万円を支給。1年間だけの「使い捨て」にならないように、成果や雇用が継続されているかの確認もする。

企業が「採用」にどれだけのお金を投じているのか。
1年雇って、いろいろ教えて使い捨てにしたら、480万円じゃ割が合わないと思うが。
それよりも、持参金まで付けて就職させたポスドクが1年以内に辞めないように
誓約書書かせたほうがいいと思うな。

企業が持参金を「ねこばば」するリスクについてばかり心配して、
採用後の教育だとか、いろいろ注文を付けるようだけど、
それにポスドク自身が耐えられるかどうかの方が心配だから、
ポスドクが採用されないのではないのか?

> 文科省は「採用はまだ少ないが、採用した企業の評価は高い。『食わず嫌い』解消の呼び水にしたい」としている。

本当に企業の食わず嫌いが原因だと思っているのであれば、それは教育ママの身びいきだ。
「うちの子は優秀なのに。企業は見る目がないのよ」というやつ。

【 2009年7月1日 ポスドク採用企業に480万円補助 科学技術振興機構が公募開始 】@サイエンスポータル編集ニュース
>この事業は政府の緊急経済対策の一環として2009年度補正予算で実施される。すべての企業を対象にしているわけではなく、科学技術振興機構の企業化関連事業に課題が採択され、現在、開発中か、2007年度以降に課題を終了した企業に限られる。会社のほか組合、病院、特例民法法人も含まれる。

さらに、そんな制限があるんだ。
朝日には書いてないぞ。

持参金@Brain Hackers
>ポスドク雇用一人について持参金480万円って、どういうもんでしょう?たった100人だし、あんまり意味ないよね。ちなみに、ポスドク一人の一般的な給料って世間の初任給より多いんじゃないだろうか?たかが博士を取っただけで、なんでこんなに高いのかはよく分からない。不安定だから?でも不安定って今やどの仕事も同じだしね。ちなみに学術振興会のポスドクだと月36万くらいですか?それに福利厚生の18%乗せると丁度持参金くらいになりますね。

脳科学者も「ポスドク問題は棚上げにして」というコメントつきながら、
疑問を呈している。

>考えたら、医学部出てから理研に来るまでの約13年、今の一般的なポスドクの初任給を超えた事って殆ど無かったかも。なので、今時のポスドクのヒト達は、もうちょっと自分たちが恵まれているっていうことに自覚を持った方が良いよ。好きな事してお金がもらえるって有り難い事なのに。

これは就職とは別の話で,ポスドク研究者の給与のことですが、
まあ、恵まれているという自覚がないことは事実かも知れません。

ポスドク採用で480万円支給 これはもう「税金をいかにムダ使いしつづけるか」というゲームだ@Zopeジャンキー日記
>政府の税金ムダ使い事例は枚挙に暇がないが、この「ポスドク採用に補助金」というのは、ほんとうにマンガみたいな話だ。

さんざん税金をかけて育てた博士(ドクター)が、就職できないので、補助金を出すというのだ。その補助金も、もちろん税金だ。


まあ、これが一般的な意見(反応)ですよね。

>なぜ企業がポスドクを採用しないのか、ちゃんと企業に話を聞いているんだろうか?

この辺が気になるところ。
お役人の机上の空論ではないことを期待します。

>政府がやっていることは、「税金をいかにムダ使いしつづけるか」というゲームだと考えると、全部理解できる。悪い医者みたいなもので、問題を根本的に解決してしまうと自分が儲からなくなるから、問題を解決するフリをしつつ、実際は問題を悪化させて、えんえん「治療」や「投与」を繰り返すのだ。

本当に直す気があるのか? と言う問題ですね。
対症療法で免疫を失わせると,結局、耐性菌にやられたり、日和見感染症でなくなったりする。

この場合、免疫を奪われているのは誰なのか。
企業なのか、ポスドクなのか。
議論するまでもないことだけど、
ただでさえ世間の荒波から逃げて(避けてでもいいけど)大学内に留まったポスドクから
さらに免疫を奪って、企業に放り込んでも、あっという間に病気になるだけだと思う。

しかもこの場合、比喩ではない「病気」にかかりそう。
メンタルストレスから来る病は深いからね。

> 文科省によると、ポスドクは06年度で1万6千人。大学や研究機関のポストは限られ、安定した職に就けない博士が増えている。35歳以上が約3割を占め、社会保険の未加入者も全体の4割に上る。

そこで提案。
文部科学省のノンキャリアで雇ってはいかがでしょうか?
資料整理とか、研究の方向性を決める会議の資料作りとか、現地ヒアリングとか。
そういう場所にドクターを持っている人が少ないのが、
研究の方向性を決める論議に問題となっている気がするので。

最先端研究開発支援会議の事務方のバイトとか。

文部科学省が5億円で、彼らを雇って欲しいなあ。

関連エントリ:2700億円のぶんどり合戦始まる(追伸有り)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポスドクをひとくくりにするなと言う正論

おっしゃるとおり。 昨日のエントリである ポスドクのマイナス価値は480万円なのか? にナイスなコメントをいただきましたので、ご紹介。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若だんなさん、こんにちは。

概ね同意なんですけど、最後の提案が若干「やけくそ」のような気がします(笑)

やっぱポスドクと言っても研究者なんで、研究してもらってナンボ。むしろ研究実務的にはPIよりも「デキル」かもしれませんし。

研究者を事務方にまわすのは、この「最先端研究開発支援」の研究者の環境に優しい趣旨からも矛盾するし、「ないと思います」←吟じてください!(笑)採用されるまでは苦しいというのはわからんでもないけど、そこまで優しいってどうなのと。

ワタシのポスドク活用案としては、この持参金で起業できんのかと。異分野が何人か集まれば面白い会社ができそう。理想は「産学官」の外、特に「学」の外に新たな集団が多く立ち上がらんかなと。

まぁ文科省がその予算でやるとは思えませんけど。

起業ね

なるほど、ポスドクの起業にベンチャーキャピタルになってくれる文科省という構図か。

それはできたら面白いなあ。

私の事務方提案は、本気で理系ドクター出身の事務方がいないと,今後の研究行政に問題が出ると思っているからなのだけど。

ポスドクが研究者だというのでは、ポスドクの行き場が限られている状況は変わらないし。

それはまた書きたいです。

No title

ポスドク、ポスドクと言っても、その能力はピンキリなわけであって(少なくとも日本での現状を見る限りは)、自分の力で研究を遂行して何本も自力で論文を書いている人もいれば、上から与えられた研究テーマに対してただ手を動かしてデータを出し、指導教員に8割がた訂正された論文1本でようやく学位を取り、それっきりと言う人もいます。どちらも「ポスドク」でありますが、職に困っている人は後者が多いという事実になぜ目を向けないのでしょうか?

やるべき事は、博士号拾得者の数を減らし、博士号の希少価値(および商品価値)を上げることだと思うのですが・・・。

博士号取得者の数を増やしたって意味がなかったことは既に証明されたんだから、これからは量より質で行くべきでしょうね。


> 今時のポスドクのヒト達は、もうちょっと自分たちが恵まれているっていうことに自覚を持った方が良いよ。

こういうことを言う「大先輩」がいるから、ちっとも状況が変らないのでは? 自分が過去に安月給で頑張ったなんていう自慢なんて誰も聞きたくありませんし、下の世代にその価値観を押し付けないでほしい。
なぜ、自分達の能力を安売りする必要があるのでしょう?
好きでやっていることだから、1日15時間働いて、土日も無しで実験が当たり前? ふざけんなって感じですよ。

恵まれている自覚がないのではなくて、確かに恵まれてなんかいないのです。本当の意味で恵まれているのは極一部だけだと思いますよ。

自分の好きなことを出来ているポスドクがどれだけいると思っているのか? 論文を書いて業績をあげて次の職を見つけるために、大して興味もない研究分野に身を置いている人もそれなりにいるし、流動性を高めるという大義名分のもの、無駄な引っ越しを余儀なくされ、大抵のケースはそれも自腹。700-800万円ぐらい貰っているのならともかく、年収400-500万円程度の給料(それ以下の人も沢山いる)で、しかも2,3年の短期雇用で、恵まれているなどと言われるのは大変腹が立つ。どうせなら、経済的な心配をしなくて済むぐらいの研究者の雇用環境を作ってから、恵まれているのだから頑張って働けと言って欲しい。それだけの見返りがないのに、研究結果だけを求めるのは何か間違っていると思う。

まずは質の悪いポスドクもどきを一掃することから始めてみた方が良いのでは? ピンからキリまで全てポスドクと言う呼び名でくくるのはどうかと思う。 学部、修士卒では普通に企業に就職するのは困難であったであろうレベルの大学卒の人だって、研究室を選びまちがえなければ悲しいことに博士号は取れるのだし、そういう元々就職できなかったレベルの人たちが、簡単に入れる大学院に進んで、博士号を取ってしまったからといって、ポスドクなどと呼んで特別扱いする必要はないのではないと思う。

Rさまへ

反論は長くなるからエントリで
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。