スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2700億円のぶんどり合戦始まる(追伸有り)

注目してきた最先端研究開発支援プログラム

いよいよ動き出しましたよ。

【 2009年6月30日 2,700億円研究開発支援プログラムの公募、選定方針確定 】@サイエンスポータル編集ニュース
>2,700億円の基金があてられる最先端研究開発支援プログラムの公募、選定方針が29日、首相官邸で開かれた最先端研究開発支援会議の初会合で決まった。中心研究者の公募は今週中にも始まる。

この方も注目していた。
しかも、さすが目の付け所が現場発想。

「最先端研究開発支援会議」開催に思う@Bサイエンスコミュニケーション
>なにより採択されるための申請処理サポートチームが必要なのではと思うのは素人考えであろうか。

企業で苦労してないとなかなか気がつかない。
お役所の書類を整えるのは大変だからね。
しかも、今やっている研究の進展を図りつつ、
研究者自身がこの4週間でまとめなければならない。

>いままでの競争的資金でも、最初の申請自体の負荷ってのも小さくないのですよね・・
サポートを考えるならこの辺も考慮にいれないと、単にいままでの金額が大きくなった版になりかねないのではと思ってしまう。
別にこれをいますぐ決めたからって、明日、明後日の景気が突然上向くわけではないのだから、もう少しジックリ決めてもよいのではないだろうか。
確定してからしっかりバックアップして遅れを取り戻せば良いのではないかな。


本当そう思うけど、この機に乗じてお金を引き出さないと行けない文科省の思惑もわかる。

それにしても、内容に気になる点がある。
サイエンスポータル編集ニュースによれば
>中心研究者は原則、日本国籍で、海外に居住する場合は速やかに帰国するのが条件。またこの中心研究者が現在実施中の研究プロジェクトは今回のプログラムに一本化することが義務づけられる。

日本でやれと。

>採択件数は3-5年間で世界をリードし、世界のトップを目指す30課題程度、金額規模は総額30億-150億円となっており、施設整備費は含まない。

施設整備費は含まないということは、建物は別ということだね。
それで、こんなに使うの?
と言うか、使えるの?

>また実際の選定作業に当たる最先端研究開発支援ワーキングチームもこの日、発足した。相澤益男・総合科学技術会議議員(座長)以下、同会議の有識者議員に加え、企業、独立行政法人、大学から選ばれた計24人のメンバーから成り、基礎研究から実用までを見据えたとされている研究開発課題の選定にあたっては特に実用段階の知見、経験が豊かな産業界の意見を重視する方向が明白に伺える。

ワーキングチームの方々は以下の通り。
しっかり選んでいただきたいですね。


「最先端研究開発支援ワーキングチーム」構成員
座長 相澤 益男 総合科学技術会議議員
本庶 佑 総合科学技術会議議員
奥村 直樹 総合科学技術会議議員
白石 隆 総合科学技術会議議員
榊原 定征 総合科学技術会議議員
今榮 東洋子 総合科学技術会議議員
青木 玲子 総合科学技術会議議員
金澤 一郎 総合科学技術会議議員、日本学術会議会長
有信 睦弘 株式会社東芝顧問
飯塚 哲哉 ザインエレクトロニクス株式会社代表取締役
石谷 久 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
勝木 元也 自然科学研究機構理事、独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター副所長
川合 眞紀 東京大学教授、独立行政法人理化学研究所主任研究員
岸 輝雄 独立行政法人物質・材料研究機構理事長
佐藤 勝彦 明星大学客員教授
柘植 綾夫 芝浦工業大学学長
中西 友子 東京大学大学院教授
中村 道治 株式会社日立製作所取締役
西尾 章治郎 大阪大学理事・副学長
西島 和三 持田製薬株式会社医薬開発本部主事
橋本 和仁 東京大学大学院先端科学技術センター教授
松見 芳男 伊藤忠商事株式会社理事・先端技術戦略研究所長
松村 幾敏 新日本石油株式会社代表取締役副社長・執行役員
渡辺 浩之 トヨタ自動車株式会社技監

関連エントリ
2700億円は総合科学技術会議に委ねられたように見える
2700億円を新たにばらまくくらいなら
補正予算で文部科学省が出している案
5年間で90億使える人がいるのか?


追伸
K_TachibanaさんがTumblrで、この件をフォロs-し細かく配信している。

そちらも見るとさらに詳しくなれます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。