スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年の時間は30キロの肉になった

私は20キロですけどね。

何の話かというと、高校3年生から今日までの体重増のこと。
あなたは、高校卒業後、何キロ太りましたか?

夕べは、30年ぶりに高校時代の友人に会った。
卒業後年賀状だけはやり取りしてきたものの、
私は実家に滅多に帰らないし、彼は東京に来る用事もなく、
二人の軌跡が交わることは無かった。

高校時代の友人自体が少ない私だけど、
それでも唯一年賀状を出し続けてきた高校の同期。
いつか会うことがあるだろうと思って30年が経った。

それが昨日だった。

高校を卒業して地元企業(同族企業だし、けっして伸びる分野の企業でもなかった)に
就職し、中学時代から付き合っていた女性(一度会ったことがある)と結婚し、
家を建て、二人の息子を育てている彼と、
大学卒業後、東京で「何をやっているかわからない」(親にも言われる)企業で働き、
30歳を過ぎてから結婚し、子供は無く、新宿に住む私。

正直言って、人生に接点は無い。経歴に重なるような部分も無い。
そんな二人を結びつけてくれたのは、彼の息子さんの存在だった。
このブログをみてくれているらしい息子さんの進学のことを相談したいらしい。

30年ぶりの再会は、銀座ソニービルの前。
現れた彼は、柔和な笑みと恰幅の良い姿が、事務畑で叩き上げたことを思わせた。
歩いて銀座ルナへ向かいがてら、
高校時代の懐かしい名前がいくつかちりばめられた彼の話を聞きながら、
何だか不思議な気持ちがしていた。

本当に、会って話をしているんだな。
ルナで2時間程度、そのあと有楽町のガード下で2時間程度。
あわせて4時間ほど、いろんな話をした。

高校時代の同級生の消息を聞いたり、これまでどんな生活をしてきたのか、
どんな仕事をしているのか。
その中で、私は、確信した。

本当に彼なんだと。

確かに30キロ太ったと言う体躯は、あの頃の彼のものでは無いけれど、
少し下がった目尻や、口元に残る面影とともに、
仕事のことや部下のことなどを話すときの問題意識の持ち方や、
社会に対する潔い目線、好き嫌いのあり方など、
あの頃と変わらない正義感で、まじめだけどそんな自分が少し嫌いで、
負けず嫌いで、目の前にいる人をもてなそうとする親切さと優しさがあって、
高校のときに抱いていた感覚のまま、私が知っている彼だった。

そういうことって変わらないんだな。
嬉しかった。

さあ、これからゴルフに行ってこよう。
そして、スコアをメールで報告しよう。
最後に約束したように。

8月末に函館に行ったあと、私が苫小牧に帰るときに、
今度は、苫小牧でまた飲もうと約束して別れた。
息子さんのことは心配ない。
私で役に立つことがあれば、いつでも言ってほしい。
そう話して別れた。

彼とそんなことを話す日が来るとは思わなかったけど、
それがこんなに嬉しいことだとは、もっと思ってもいなかった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。