スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間教育が重要な時代かもね大学教育にとって

元々、高等教育は、社会をリードする人材としての専門家の養成が主眼であり、
とくに東京大学にはその視点が顕著だと思う。

その東京大学の理学部で、新たな視点を持ち込んでいるのが横山さんなのだろうな。

Adobeのページに紹介されました@お知らせページ

>Adobeのウェブに紹介していただきました.

と言うことなので、どれどれと覗いてきた。

サイエンスの未来を見つめ社会との関わりを考える「科学コミュニケーション」@Adobe Japan Education Vanguards
>東京大学大学院理学系研究科准教授の横山広美先生は、研究者としてだけでなく、サイエンスライターとして、そして大学院理学系研究科・理学部の広報として幅広くご活躍されています。そのすべての活動に共通しているキーワードが「科学コミュニケーション」です。科学コミュニケーションという言葉を聞くと、科学の楽しさをわかりやすく伝えるといったことを想像しがちですが、横山先生がもっと重要だと考えているのは、研究者がサイエンスの未来や社会的な意義を考え、それを社会に訴えてゆくことです。

アドビの教育者向けページのようだ。
こうしたインタビューのプロフィールには珍しく生年が掲載されている。
女性の年は載せないのが多いのにね。
それにしても横山さんもアラサーなんだなあ。ちょっとびっくり。
いえ、落ち着いたすてきな女性ですからね。当然なんですけどね。なんとなく、そうかあ、と。

横山さんは、教育者として理系女子を応援する活動をしてますね。
>*科学技術振興財団「女子中高生の理系進路選択支援事業」
東京大学採択プロジェクト「家族でナットク!理系最前線 ~見えないものを見てみよう!あなたも未来の女性研究者に~」の代表をしています。


そんな横山さんが考えるサイエンスコミュニケーションは
>「市民に対してわかりやすく伝えることや、どうやって楽しんでもらえるか……という取り組みは、この数年で飛躍的に進みました。一方で私がこれから大事だと感じるのは、日本の科学がどう進んでいくべきか、その根幹を研究者自身が考え、議論し、そして社会との関わりについても考えていくことです。研究者はサイエンスの価値を社会に伝えることで、こうした問題を皆さんとも共に考えてゆけるようになります。」

研究者がサイエンスコミュニケーターに任せるのでも、
研究者自身がサイエンスコミュニケーターになるのでもなく、
一緒にやる方法はないか。
>「将来必ず出会う課題を議論する。それを、いっしょに考えていくということですね。学生の期間は研究そのものにのめりこんで研究の基礎を身につけることが必要です。しかしその時期から、専門知をもつ者として自分の将来を考えると同時に社会の将来を自分で考えられる存在になる必要があります。そして、何かを表現したいというときに、必ずしも自分だけでできなくとも、デザイナーやライター、映像作家と共に仕事をするセンスも持ち合わせることが必要です。」

専門家の力を借りるには、自分に主題がなければいけないし、一緒に仕事をするセンスも必要。
>横山先生は「プロは、やっぱりプロ」と話します。見せる意識は大事です。しかし表現する上でのテクニックやビジュアル面は、最終的にはプロに任せることが可能です。表現の重要性を理解した上で、表現のプロと力を合わせながら、研究者は専門知をもった研究のプロとしてコミュニケーションを実現すれば良いわけです。

それには、専門教育だけではなく、人間教育も必要になる。
>自分の専門分野に誇りと責任を持ち、それを社会にアピールしながら未来を切り開く専門家を育てること。これは、あらゆる学問分野が共通に目指すべき人材育成ではないでしょうか。

高等教育だからこそ、専門か教育だけではなく、人間教育が求められる。
それが、教養課程だったはずだが、今や大学に教養課程と言う言葉はなくなってしまった。
その中で、唯一といって言い教養段階の時間を経てから進路を決めるのが東京大学だ。

だからこそ、東京大学理学部という理系の専門家を育てる場所で、
サイエンスコミュニケーションという人間教育を行えるのだろうな。

学生さんは幸せだよね。横山さんがいて。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>学生さんは幸せだよね。横山さんがいて。
本当にそう思います!!
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。