スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も蓋もないから、今読んだ方がよいかも:ウェブはバカと暇人のもの

梅田さんのインタビューで見かけたので買ってみた。
4334035027ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎

光文社 2009-04-17
売り上げランキング : 151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


勝手なことを言った手前、ちゃんと読んだか無いといけない本かなと思って。

なんて書くとtokurikiさんの後追いみたいだけど、
大きな流れは、tokurikiさんと一緒(と言うと、おまえ何者じゃと言われそうだな)

>著者自身が冒頭で言及しているように、基本的にはこの本は、梅田さんの「ウェブ進化論」、佐々木さんの「グーグル」、岡田さんの「ネットで人生、変わりましたか?」あたりへのアンチテーゼという位置づけにある本です。

 この本を書かれた中川淳一郎さんは、元博報堂出身で、現在はニュースサイトの編集者をされている方。
 そう言う意味では、博報堂側でテレビの影響力も体験しており、ニュースサイトというネットの現場での実体験もされているわけで、タイトルの煽り具合に比べると、書籍の内容自体は両方の経験を元に冷静にネットの限界をしっかり分析している本という印象です。
 テレビの影響力がまだまだ最強であるという点や、ネットの課題や限界など、参考になる点は多いです。


ただ、実際にネットでブログを使って、いろいろな可能性を見いだしている社長さんと、
私ごときが、同じ考えな訳もなく、
そのあとの論旨はかなり変わってくる。

ネットが何かをするわけでもなく、ネットで何かしているのは、そこにアクセスしている人間な訳で、
その人間は、自分たちと変わらない存在だという自覚が足らないと、ネットに幻想を持つ。

で、大手企業で広告部にいて、代理店に発注している人たちというのは、
見事なまでに、自分が消費者でもあるという実感とか、第三者意識がないことが多い。
だから、存在しない「消費者」や「生活者」を対象にした調査結果とか、
有識者が語った生活者向けの言説にころっとだまされる(説得される)。
その結果、今話題だと言う言葉だけでウェブでバイラルマーケティングとなる。

はっきり言って、ブログをやっていない人は、ブログでマーケティングを考えない方がいい。
ブログで起こることのイメージがないと、ブログで仕掛けられないし、
その仕掛けが聞くかどうか、見分けられないはず。
だから、代理店にカネをつぎ込んでも、ページビューが個人サイト以下だったりする。

さらに言うと、自分がブログで体験したこと(嫌なことも、いいことも)、
ネットで見聞きしたことが無い人は、この本を読んでも、わからないと思う。

でも、ブログを1年以上やったことがあったり、日々他人のブログを100くらい読んでいる人には、
当たり前の現実が、赤裸々に、身も蓋もなく書かれた本だな、と言う感想が浮かぶだらうな。

この本に出てくる「web2.0ですな、がはは」な人は、読んだ方がよいと思われがちだけど、
実際には読まない方が(正確には読まさない方が)いい。その部下が読むべき本。

こういう本読むと、すぐに「やっぱりウェブはダメだな」と言い出しかねませんからね。
そういう「がははな人」が反対側にふれないようにコントロールしておいて、
どう言いくるめるかの知恵を、この本で得てください。

「ネット敗北宣言」というのは、どう見ても釣りだな。
この人は、ネットが敗北したとは思っていないはず。

ネットが勝てないと言うことと、ネットが敗北したというのは違うから。
そこは、tokurikiさんがおっしゃるとおり、
>そう言う意味では、ネットもマスメディアも、もともと全く目的やメリットが違う手段なので、そろそろ単純比較すること自体をやめて、「(私たち個人個人が)ネットをどのように活用するべきなのか」を議論した方がいいという話なのかなぁ、という印象をこの本を読んで強く受けました。

 ネットが全ての問題を解決してくれる魔法のツールと思ってしまいがちな人には、参考になる点がある本だと思います。


ということでしょう。
ネット対マスメディアという構造は、いい加減やめた方がいいし、
すでに、電通はそうした軸はやめている(少なくても、優秀な人は)。

人間を中心に置けば、メディア全部が重なり合って伝わってくるわけで、
時間の奪い合いという視点から、いまやライバルと言う意味では、ネット対ネットの時代だと思う。
Mixi対Twitterとかね。

4334035027ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎

光文社 2009-04-17
売り上げランキング : 151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウェブはバカと暇人のもの

 「現場からのネット敗北宣言」という副題のついた「ウェブはバカと暇人のもの 」(中川淳一郎/光文社)。かなり物議をかもしだしそうなタイトルである。世間では、やれWeb2.0だとかクラウドコンピューティングだとか、ネットに関する夢や希望が語られがちである。しかし...

コメントの投稿

非公開コメント

森田日記

はじめまして ベニーキャッツです
森田日記の情報をさがしてたら 若だんなをみつけました。
ありがとうございます。最近の情報がわかり 大変うれしく何回も拝見させていただきました。私は聴覚障害をもってます。でも音楽がだいすきで 耳ではなく身体で音を感じます、

森田日記とは昔からデビューからの大ファンで 今もかわりません。一回横須賀でサイン会で握手したのが一番の思いでです。一時引退したのはちょっと淋しくて残念でたまりませんでした。時がたつにつれてインターネットでみたらシャンソン歌手としてカムバックしたという話をよんで大変うれしくなり今までより応援したい気持ちになりました。歌はわからないけど森田日記さんの歌 音楽をききたいなあ または会いたいなあという気持ちです。なにか情報あればおしえてくださいね 私の夢は 交流したいのが夢だけど無理だよね

では突然でごめんなさいね
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。