スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルは訴えるが、国会図書館ならいいのか?

実は、よくわかっていなかった件を教えていただきました。

売れない学術書の著者が集まりグーグル電子図書館への対応を議論する@池田信夫blog
>私には文芸家協会や一部の出版社が何を騒いでいるのか、さっぱりわからない。ブック検索を使ってみればわかるが、これは本の一部を「立ち読み」できるだけで、それによって本が売れなくなる可能性はない。著作権というのは、しょせん金銭的な権利なのだから、「著者の尊厳」がどうとか騒ぐのはナンセンスだ。そもそもこのサービスは公共的なもので、国会図書館も今回の補正予算で127億円を計上してデジタル化とネット公開を進める。外資がやるのには怒るが、お上がやるのには文句をいわないのか。

文芸家協会がグーグルと和解したとかは、聞いていたけど、国会図書館の件がよくわかっていなかった。

文芸家協会:グーグル和解案受け入れ 絶版書籍デジタル化@毎日.jp

>絶版となった書籍のデジタル化を進める米グーグルと作家らが合意した集団訴訟の和解案が日本など米国以外にも及ぶ問題で、三田誠広・日本文芸家協会副理事長は27日、東京都内で報道各社の取材に応じ、「世界の作家の権利を守るための和解案を高く評価したい」と述べ、受け入れる考えを明らかにした。

国会図書館、デジタル化予算前年比100倍計上@asahi.com
> 米グーグルによる書籍の全文ネット検索サービスに対抗しようと、国立国会図書館は蔵書のデジタル化を加速させる方針を固めた。今年度の補正予算案に約127億円を計上。年間総額は前年の約100倍の規模で、今年度中に国内図書の1968年刊行分まで計約77万3千冊を電子化する計画だ。

また、補正予算だよ。
この補正予算を、何年かして「あそこでいろんなことが変わったな」と思い出すんだろうね。

>同館の昨年度のデジタル化費は1億3千万円で、今年度の当初予算も同額だった。だが、今年2月ごろ、グーグルと米国作家協会との間で成立する予定の和解により日本の書籍も同社のデジタル化の対象となることが分かった。グーグルは各国の図書館と連携し、700万冊以上のデジタル化を終えたとされる。同館の長尾真館長は「図書館よりグーグル社を人々が頼りにするようになってしまう」と危機感を抱いていた。

100倍ってすごいね。それにしても、これは補正予算の目的に合致しているんだろうか。
だいたい、今頃危機感抱かれても、とっくに図書館よりもネットを頼りにしているんじゃないの?

その中で、国会図書館には「リアルの総本山」でいて欲しいんですがね。

神永先生が調べたように、本が売れないのはネットよりも図書館の影響は大きい。
4887596995不透明な時代を見抜く「統計思考力」
神永 正博

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-04-15
売り上げランキング : 209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも、図書館で読んだ本がおもしろかったから、買って読もうという人もいる。
株屋さんは@なぎのねどこ

文芸家協会の本が売れないのは(ry

著作権の問題は、読んだ人がどう払うかという「課金方式」の問題になっていくんじゃないだろうか。
CDが売れないこととカラオケの著作権料の増加が別なように。

とにかく、文芸家協会が国会図書館にどうするか注目ですね(ニュースステーション風)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。