スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも民主党は政権を狙う

あんまり、こんなエントリばかり書いていると、このブログの品位を問われそうだけど、
それでも書かざるを得ない気になってくる。

民主党の拙速な代表選挙の結果、鳩山由紀夫氏が代表になった。
何度目ですか、彼が代表になるのは?

Wikipedia:鳩山由紀夫

>1999年 民主党代表就任

とあるので10年ぶりの代表ですか。

池田信夫先生も驚いておられますが、公約を見ると

鳩山氏の代表選公約「友愛の日本を創る最重点政策」要旨@asahi.com
> 【霞が関から市民への大政奉還】

 ・首相の下に国家戦略局を設置し、官民の優秀な人材を発掘・登用し、新時代の国家ビジョンをつくる。それを実現するための予算編成を政治主導で行う。

 ・国家行政組織法を見直し、首相の意思で時代の変化に対応できる省庁編成を機動的に行えるようにする。

 ・事務次官・局長などの省庁幹部人事は、民間登用も含め、白紙で再配置を行う。半年ごとに業績を評価し、処遇する。

 ・「天下り」「わたり」のあっせんの全面禁止を含む公務員制度改革を行う。

 ・「行政刷新会議(仮称)」を設置、すべての予算を精査することで、あらゆるムダを排除する。


言葉の意味として、「大政奉還」はおかしいでしょ。池田先生の説明を読むと
>大政奉還という言葉は、勤王派の「王政復古」の思想に対応する。儒教では「王道」に対して、武力で政権をとる「覇道」を邪道と考え、特に日本では万世一系の天皇が征夷大将軍を任命したと考える。いわば天皇がプリンシパルで幕府はエージェントだから、後者が前者の意に沿わない場合は解任するのは当然、という発想だ。ここで「奉還」されるのは天皇から委任された権力であって、鳩山氏が想定している国民主権ではない。


それ以下も、首相の下に権力を集中する「大統領的」な組織を考えているのか、
「国家ビジョン」を考える組織を作るとありますが、
本来はそのために「政党」があるのではないのか?
だいたい政治家個人のビジョンはないのか?
と言う疑問がわきます。

今までさんざん党としてのマニフェストだの公約だのを出してきたはずで、
それは国家戦略局とどの程度連動するのか、疑問です。

首相の意思で省庁編成を機動的に行って、引っ越しばかりしていたら無駄なのではないか?
省庁幹部の評価が「半年ごとに」行えるには、
評価のための組織が別途必要で、その評価/処遇のためだけの費用がどれだけ必要か。
屋上屋の組織ばかり作ってどうするのか?

【自ら範を示す政治】

 ・企業・団体献金を3年以内に禁止する。

 ・世襲を制限するため、国会議員の3親等以内の親族が、同一選挙区から立候補することを禁止する。

 ・国会議員に関係する政治団体とその資金を親族が引き継ぐことを規制する。

 ・衆議院の比例定数を80削減する。


3年以内という年月に根拠が何所まであるのか? 
すぐやればいいじゃん。

4代目世襲議員の鳩山さんは、自分は親と同じ選挙区から出たから世襲ではない、
と言い張るわけで、同じことを他の議員にも強いるわけだ。
確かに彼は選挙下手で、地元選挙区の人気は薄い(私の実家があるから情報入手)
Wikipediaに書かれているように薄氷を踏む勝利が多い。
>2000年の第42回衆議院議員総選挙では自民党候補の岩倉博文に追い上げられ当時、党代表でありながら当確も当選も小選挙区で300番目(最終)に打たれた。

しかもこの選挙区は、Wikipediaによれば
>鳩山家が牧場を所有し鳩山神社という神社がある祖父の代からの地盤
であり、選挙区でなくても地盤ではあるわけで、
そういう場合はどう判断するのだろうか?

まず衆議院の比例定数の削減を実現して欲しい。
以下、抽象論と財源に触れない大盤振る舞い。

【地域主権の徹底とコミュニティーの再生】

 ・地方自治法を抜本的に改革し、国と地方の関係を対等なものとし、地域のことは地域で決める「地域主権国家」をつくる。

 【生命や人間の尊厳を重んじ、格差固定社会を解消】

 ・医療費、教育費を経済協力開発機構(OECD)諸国平均に引き上げをめざす。

 ・年金記録問題を解決し、年金制度を一元化する。

 【家計所得の2割アップで、経済危機を克服】

 ・年額31万2千円(月額2万6千円)の「子ども手当」を支給する。

 ・高校教育を実質無料化し、大学などについても希望者全員に十分な奨学金を支給する。

 ・雇用保険を強化し、「求職者支援制度」を創設する。

 ・ガソリンの暫定税率を廃止し、高速道路を無料化する。

【友愛外交の推進】

 ・国家として自立し、価値観の異なる社会とも共生していける友愛外交を推進する。

 ・国連をはじめとした国際社会に積極的に貢献し、金融危機、新型インフルエンザに見られるようなグローバル化した世界の諸問題の解決に取り組む。

 ・地球環境問題、核軍縮(北東アジア非核化構想など)、戦争をさせない政治など国際的な課題の解決に日本がイニシアチブを取る。

 ・拉致問題の早期解決に取り組む。

 ・北方領土の全面返還をめざす。


総選挙に自民党に勝つことだけを目標にする政党の党首の公約として、
みなさんはどうご覧になるだろうか。

私には、未来があるようには見えない。
といって、麻生自民党がこれより「まし」な公約を出すとも思えない。

どうしようか本当に。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。