スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学ジャーナリスト賞授賞式に行ってきた

昨日は、日本プレスセンタービル10階ホールで開催された科学ジャーナリスト賞授賞式に行ってきた。

関連エントリ:科学ジャーナリスト賞が発表になった

受賞者と内容は以下の通り

【科学ジャーナリスト大賞】

サイエンスライター・イラストレイター           北村雄一殿
『ダーウィン『種の起源』を読む』(化学同人)の著作に対して
難解といわれる『種の起源』をその後の知見を加えて読み解き、進化論に現代的な視点を与えた。ダーウィンの生誕200年、『種の起源』150年の今年に相応しい労作である。

【科学ジャーナリスト賞】(順不同)

理化学研究所客員研究員  吉田重人殿 ・ 同チームリーダー  岡ノ谷一夫殿
「ハダカデバネズミ――女王・兵隊・ふとん係」(岩波科学ライブラリー)の著作に対して
奇妙な実験動物を入手し、飼育し、研究する苦闘の経過を詳しく追い、研究とは何かを鮮やかに描き出した。「研究費の社会還元」の優れた実践例の一つといえる。

信濃毎日新聞編集局文化部記者  磯部泰弘殿 ・ 同  吉尾杏子殿
信濃毎日新聞くらし面の連載記事「いのちを紡ぐ」に対して
終末期医療のはらむさまざまな問題点と死別の悲しみをどう癒すかについて患者、家族、医師や医療従事者などそれぞれの立場から丹念に取材し、鋭いなかにも温かみのある視点で社会的な課題を浮き彫りにした。

NHK放送文化研究所主任研究員   七沢潔殿
雑誌『世界』に連載された「テレビと原子力 戦後二大システムの五〇年」の記事に対して
テレビと原子力という二大システムが戦後の日本に導入されるまでの裏面史を追い、冷戦下の米国の戦略を検証。さらに、その後の両者の関係、とくにテレビの原子力報道の変化を分析し、事故・トラブル報道に矮小化されてきた現状を厳しく指摘した。

朝日新聞編集委員    出河雅彦殿
「ルポ 医療事故」(朝日新聞出版)の著作に対して
  昨今の大きな話題となった医療事故を、病院内での事故調査、刑事・民事裁判などの過程と周辺を詳細に検証して、その実態と問題点を浮かび上がらせた。医療事故について制度改革が必要なことを示唆する力作である。


最終候補15作から3週間で5本を選出した力業の選考委員は下記の方々。
<科学ジャーナリスト賞選考委員(50音順、敬称略)>
〔外部委員〕 
北澤宏一(科学技術振興機構理事長)
黒川清(政策研究大学院大学教授)
白川英樹(筑波大学名誉教授、ノーベル化学賞受賞者)
村上陽一郎(東大大学院総合文化研究科特任教授)
米沢富美子(慶応大学名誉教授)


それぞれ講評を述べ、受賞者に盾を渡しました。
090514_1937~01
講評を述べる白川英樹先生

090514_1937~02
後ろは受賞者の岡ノ谷先生と吉田さん。

こじんまりとした授賞式でしたが、それもなんだかアットホームで良かったですね。
授賞式に先立って日本科学技術ジャーナリスト会議の総会もあったのですが、
そちらは出られない、ダメ会員です。

会長が小出吾郎さん(元NHK解説委員)から武部俊一さん(元朝日新聞社)に替わったそうです。
情勢厳しい中、ますますご発展を祈念します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。